食で繋ぐフェア、たっぷりまるごと宇検村

食のコラボ

「育てる人」「作る人」「食べる人」を繋ぐ食のフェアがススムーチョさんにて行われています。

これは、同店の夜のおすすめメニューに、宇検村の食材を用いるというもので、いわば生産者とススムーチョのコラボ。

今回のメインになる食材は、椎茸、車エビ、卵、ニンニクで、その他フダン草、唐辛子、赤大根、フルなどで、島の食の魅力を堪能することができます。

作り手(料理人)だけでなく、生産地までもがわかると安心感があって良いですね。

4日間限定

このフェア4日間限定なのですが、お知らせが遅くなってしまい、すでに始まっています。22日(土)までですので、この機会をお見逃しなく。

詳細

たっぷりまるごと宇検村ポスター

たっぷりまるごと宇検村

地図

たくさんの尊いいのちを「献血」で支えていく

献血活動

献血にご協力を

本日、2月19日(水)より令和元年度第2回献血が始まりました。

献血事業とは

「血液事業」とは、一般に、血液を提供していただける方を募集し、その血液を採取し、血液製剤(人の血液又は血液から得られた物を有効成分とする医薬品。輸血用血液製剤と血漿分画製剤とがある。)として、治療を必要とする患者さんのため、医療機関に供給する一連の事業のことをいいます。

わが国では、病気やけがの治療のため、輸血や血液製剤を必要とする人たちが数多くいます。この血液製剤は、健康な方々から自発的に無償で血液を提供いただく「献血」により作られています。わが国の血液事業は、「献血」によって支えられており、血液を必要とする多くの患者さんが、日々救われています。

日本赤十字社サイトより
http://www.jrc.or.jp/activity/blood/about/

実施日程

下記の日程で実施されますので、市民の皆様、ご協力の程よろしくお願いいたします。

https://www.bs.jrc.or.jp/bc9/kagoshima/place/m1_03_index.html?selectarea=奄美市&selectday=-

※記事の転載元

第2回編集会議

ガイドブック 第2回編集会議

ガイドブックについて

進捗状況の確認と、詳細決定のため中心市街地ガイドブック(仮称)の第2回編集会議を行いました。

お店情報だけだと読者はつまらないのでは?

編集委員の皆さんから「街歩きのページも欲しい」との意見があり、触り程度ではありますが街歩き情報も掲載することになりました。

デザイナーも参加

また、この日は表紙のデザインを担当するハシットンマワークスさんにもご参加いただきました。
楽しい表紙ができそうで、今からワクワクしています。

さて、制作が佳境に入りました。
頑張ります!

お詫び

507924248c3fb6b37ed671312996eb25 M

マチイロウェブのサイトデータを全て飛ばしてしまいました。
アクセスしていただいた皆様、申し訳ございません。

復旧を試みたものの叶わず、0からの再スタートとなってしまいましたが、順次記事を掲載していきますのでこれからもよろしくお願いいたします。

なお、管理している企業・団体様のサイトへの影響はございません。

第1回編集会議

ガイドブック 第1回編集会議

初の合同情報誌

屋仁川と商店街のお店情報を掲載したガイドブックを制作するため、各団体の担当者とまち色で第1回編集会議を行いました。

このガイドブックは「加盟店のPRと中心市街地の活性化」を目的とした、奄美市通り会連合会と奄美市社交飲食業組合、初‼️の合同情報誌です。

発行は2020年2月の予定です。
よろしくお願いします。

ディ!ウェィヴ

ディ!ウェィヴさんご協力の下、machi-iroマガジンのイメージサンプル用写真を撮影。生放送中ながらも快く承諾してくれたので、とてもスムーズに撮影することが出来ました。

2007年6月9日 ディ!ウェィヴ取材

ディ!ウェィヴさんのたどってきた道のりや熱意と比べると、まち色編集局は足元にも及びませんが、僕自身とても参考にしています。また、ディ!ウェィヴのスタッフの皆さんとお話ししていると、心がスッとすると同時に、更なる元気がわいてきます。

そんな、ディ!ウェィヴを陰で支えているスタッフにスポットを当てた特集をmachi-iroマガジンでは、第1特集として組みます。

題して
『ディ!ウェィヴの舞台裏』

どうぞお楽しみに!

ディ!ウェィヴさん、ご協力に感謝すると共に、これからも宜しくお願い致します。

ディ!ウェィヴはこちら
http://www.npo-d.org/

全てはこの写真から

20070609 おがみ山から見るなぜまち

このブログのバナーから名刺、準備中のホームページまで。
全てのイメージソースとなっている写真があります。

寿 剛進様の撮影した名瀬の市街地一望です。

名瀬の人間にとっては関わりの深い『おがみ山』から撮影した写真ですが、この写真が僕のイメージソースの全てと言っても過言ではない、大好きな写真です。

寿 剛進様、ご協力誠にありがとうございます。

脳が筋肉痛

いきなりですが、名刺をつくってみました。

2007年6月9日のまち色投稿 名刺写真

といいますのも、まだ簡単な挨拶文をお配りしただけの段階ですが、ありがたいことに商店街の有力企業様10社余りから広告掲載希望の名乗りがあり、土曜日(今日?)も朝からプレゼンの予定を入れさせて頂いているため、急ピッチで準備を進めているところです。

レイアウトのラフは作ったので、それをもとにこれからサンプル制作。クライアント様用の資料も作成しなきゃ!
眠いなんて言ってられません。
さぁ、これからもう二頑張り!

朝日が昇る前には仕上げよう!

そう自分に言い聞かせていますが、一人はちょっぴり寂しいな…

第一回 編集部会

machi-iroブログをご覧の皆様、初めまして。
制作部の惠と申します。

machi-iroブログは制作部の僕と、前出の泉編集長を始めとする編集部員にて綴っていこうと思いますので、お付き合いの程、よろしくお願いします。

先ず『machi-iroって何?』と思われている方も多いと思いますので、軽くご説明を。

このブログのタイトルにもなっているmachi-iroとは、『なぜまち”Comeモーレ”プロジェクト』の一環として、なぜまちエリア(商店街+屋仁川/旧名瀬市)の魅力をお伝えし、再発見して頂こうという趣旨で発足した、、『なぜまち”Comeモーレ”プロジェクト内、情報発信委員会』の手がける媒体(フリーマガジンやホームページ)のタイトルです。

そして将来的には奄美の活性化をお手伝いをできるような媒体に育てて生きたいな!

と、思っていますが、何を隠そう僕を含む編集部全員がマガジン作りはまったくの初めて。

そんなヒヨッ子達です。。。

2007年6月8日 第一回 編集部会
左から、コラム(HIP-HOP)担当:DJ BUCCI。ムードメーカー:とし。編集長:力。記者:とも&むつき。

全てが手探りで不安だらけの船出ですが、一生懸命頑張っていきますので、ご声援お願いします。

初めまして

20070606 初めまして

『なぜまち”Comeモーレ”プロジェクト』の一環として、なぜまちエリア(商店街+屋仁川/旧名瀬市)の魅力をお伝えし、再発見して頂こうという趣旨で発足した、『なぜまち”Comeモーレ”プロジェクト内、情報発信委員会』の手がける媒体(フリーマガジンやホームページ)machi-iroをスタートさせます。

どうぞよろしくお願いします。

編集長(情報発信委員会 委員長) 泉 力

ススムーチョにて