食で繋ぐフェア、たっぷりまるごと宇検村

食のコラボ

「育てる人」「作る人」「食べる人」を繋ぐ食のフェアがススムーチョさんにて行われています。

これは、同店の夜のおすすめメニューに、宇検村の食材を用いるというもので、いわば生産者とススムーチョのコラボ。

今回のメインになる食材は、椎茸、車エビ、卵、ニンニクで、その他フダン草、唐辛子、赤大根、フルなどで、島の食の魅力を堪能することができます。

作り手(料理人)だけでなく、生産地までもがわかると安心感があって良いですね。

4日間限定

このフェア4日間限定なのですが、お知らせが遅くなってしまい、すでに始まっています。22日(土)までですので、この機会をお見逃しなく。

詳細

たっぷりまるごと宇検村ポスター

たっぷりまるごと宇検村

地図

たくさんの尊いいのちを「献血」で支えていく

献血活動

献血にご協力を

本日、2月19日(水)より令和元年度第2回献血が始まりました。

献血事業とは

「血液事業」とは、一般に、血液を提供していただける方を募集し、その血液を採取し、血液製剤(人の血液又は血液から得られた物を有効成分とする医薬品。輸血用血液製剤と血漿分画製剤とがある。)として、治療を必要とする患者さんのため、医療機関に供給する一連の事業のことをいいます。

わが国では、病気やけがの治療のため、輸血や血液製剤を必要とする人たちが数多くいます。この血液製剤は、健康な方々から自発的に無償で血液を提供いただく「献血」により作られています。わが国の血液事業は、「献血」によって支えられており、血液を必要とする多くの患者さんが、日々救われています。

日本赤十字社サイトより
http://www.jrc.or.jp/activity/blood/about/

実施日程

下記の日程で実施されますので、市民の皆様、ご協力の程よろしくお願いいたします。

https://www.bs.jrc.or.jp/bc9/kagoshima/place/m1_03_index.html?selectarea=奄美市&selectday=-

※記事の転載元

第2回編集会議

ガイドブック 第2回編集会議

ガイドブックについて

進捗状況の確認と、詳細決定のため中心市街地ガイドブック(仮称)の第2回編集会議を行いました。

お店情報だけだと読者はつまらないのでは?

編集委員の皆さんから「街歩きのページも欲しい」との意見があり、触り程度ではありますが街歩き情報も掲載することになりました。

デザイナーも参加

また、この日は表紙のデザインを担当するハシットンマワークスさんにもご参加いただきました。
楽しい表紙ができそうで、今からワクワクしています。

さて、制作が佳境に入りました。
頑張ります!

お詫び

507924248c3fb6b37ed671312996eb25 M

マチイロウェブのサイトデータを全て飛ばしてしまいました。
アクセスしていただいた皆様、申し訳ございません。

復旧を試みたものの叶わず、0からの再スタートとなってしまいましたが、順次記事を掲載していきますのでこれからもよろしくお願いいたします。

なお、管理している企業・団体様のサイトへの影響はございません。

第1回編集会議

ガイドブック 第1回編集会議

初の合同情報誌

屋仁川と商店街のお店情報を掲載したガイドブックを制作するため、各団体の担当者とまち色で第1回編集会議を行いました。

このガイドブックは「加盟店のPRと中心市街地の活性化」を目的とした、奄美市通り会連合会と奄美市社交飲食業組合、初‼️の合同情報誌です。

発行は2020年2月の予定です。
よろしくお願いします。

インタビュー2

18日、ディ!ウェィヴ様へインタビューに行ってきました。

2007年6月19日 インタビュー


一人に対して三人がかりでインタビューするところがなんとも素人っぽくて、いいですね~。

始めはガチガチだった三人ですが、編集長のキャラクターが奏功。

2007年6月19日 インタビュー


徐々に場の空気にも慣れてきて、談笑を交えながらも鋭い質問を浴びせていました。

麓代表を支え、NPO法人設立時から奔走されていたディ!ウェィヴのスタッフ、水間様と丸田様へのインタビューを創刊号に掲載します。
どうぞ、まち色創刊号をお楽しみに。

2007年6月19日 インタビュー

ディ!ウェィヴ様、ご協力ありがとうございました。

第二特集

まち色創刊号では特集を二本柱で組んでおり、一つは前出のディ!ウェィヴ様へのインタビュー。もう一つは、『なぜまち的夏の楽しみ』です。
この『なぜまち的夏の楽しみ』では、タイトル通り商店街内にある夏を楽しむアイテム達にスポットを当ててご紹介。

その中でも中核を担うのが、ゆかたです!

実際にまち色記者の二人がゆかたを体験。普段の二人とはまた違った、艶やかなスタイリングに大満足。体験記も交えてゆかたの魅力をお伝えしますので、どうぞお楽しみに!

2007年06月23日 まち色のあゆみ記事
Image

ご協力は、サンサン通り会の会長も務める『ふじむすめ』の伊東さんです。
お忙しい中でのご協力、誠にありがとうございました。

連載記事

まち色では特集記事の他に連載物も展開する計画で、その中にはもちろん、料理コーナーもあります。
その料理コーナーを担当するのは、銀座通りに店を構える、美味しいイタリアン料理が堪能出来ると評判のお店。

そう!

皆様お馴染みのsusuMUCHOさんです。

しかも、連載を通してのお題は『パスタ』。

お店のメニューには載っていない、ご家庭でも手軽に作れる美味しいパスタを、レシピとシェフのワンポイントアドバイス付きでご紹介しちゃおうという、嬉しい内容です。

料理をされる方も、食べるの専門の方も、お楽しみに!

2007年6月20日 ススムーチョ

ちなみに、僕と編集長は一足先に頂きました。
とっても美味しかったです!

僕と編集長にも嬉しい企画です…

クライアント様

追加決定のクライアント様をご紹介します。

・南海ガス株式会社 様
・PIZZICATO 様
・株式会社三洋スポーツ 様
・合資会社元野商店 様
・かわぞう株式会社 様
・久保薬局 様・キッチンハウス パウパウ 様
・小田原時計眼鏡店 様
・富乃屋呉服店 様
・ブティック AKi 様
・有限会社 三洋薬局 様
・お茶の堀口園 様
・オオギヤ靴店 様
・サンサンランド 様

ありがとうございます。

初インタビュー

17日に、川畑連合会会長をお招きしての記念すべき初インタビューを行いました。

なにぶん初めての経験なので、編集局サイドはチョ~緊張。
その緊張感が川畑連合会会長にも伝わってしまい、場の空気は何とも言えない緊張感に包まれてしまいました。

そこに、

むつき記者が遅れて登場!

前半のインタビュー内容を軽く説明しただけで、そこからドンドン突っ込んだインタビューを開始。
川畑連合会会長もむつき記者の突っ込んだ質問に、熱弁!
今年度のキャッチコピーから商店街への思いまで、川畑連合会会長の内に秘めた熱い思いを聞き出すことが出来ました。

川畑連合会会長、ご多忙な中貴重なお時間をありがとうございました。

2007年6月18日 初インタビュー

その後は、特集についての企画会議。
ここでまた新たな才能が、、。

ともこ記者がサラリと特集ページの絵コンテを作成。
それを見て一同ビックリ!
当然、この絵コンテに沿って特集ページを組んでいくことにすんなりと決まりました。

なんだか、普通にみんな凄いです。
ますます創刊号が楽しみになってきました。

、、、このみんなの才能を生かせるようにしないと!
制作部も頑張ります。