奄美市へ要望書を提出

なぜまち商店街と周辺の約180店が加盟し、下記の七つの通り会で構成されている奄美市通り会連合会(以下、連合会)。

  • 名瀬中央通りアーケード商店街振興組合
  • 奄美本通り名店街
  • 末広本通り会
  • 銀座通り会
  • 支庁通り会
  • サンサン通り会
  • 奄美市本町通り会

連合会長はまち色編集局のemiが努めさせていただいています。

連合会要望書 Machiiro 記事写真 4
同日のアーケード

その連合会が4月30日、奄美市へ新型コロナウイルス感染症の影響に伴う商店街支援に関する要望書を提出しました。

連合会要望書 Machiiro 記事写真 3

商店街のみならず、全ての市民のみなさんの明るい光となりますように。

5月10日*母の日*の贈り物

奄美市鳩浜町にある、生花とプリザーブドフラワー、フラワーアレジメント等を扱うフラワーショップ「まさみ花工房」におじゃましました☺️

まさみ花工房55 11

店内は色とりどりのお花や、ギフト用のアレジメント、プリザーブドフラワー等で溢れていました🌹✨

まさみ花工房55 9

もうすぐ母の日✨

いつも家族のために、心配りをしてくれているお母さんに感謝の気持ちを伝えられるいい機会ですね☺️

まさみ花工房さんで見つけた、母の日ギフトをご紹介♬

優しい石鹸の香りを楽しむことができるシャボンフラワー🌹
薔薇のモチーフがオシャレな入浴剤バスフレグランス💐
シャボンフラワーアレンジ&フラワー入浴剤のスペシャルセット、オススメです!!

上品な胡蝶蘭も素敵です✨

まさみ花工房55 10

ぜひぜひ、心のこもったお花の贈り物は、まさみ花工房さんで💕

まさみ花工房

  • 電話:0997-53-7719
  • FAX:0997-57-0509
  • 鹿児島県奄美市名瀬鳩浜町330番地
  • 営業:10:00~19:00

おうち時間を楽しむ★進化系おりがみ★

なぜまち商店街奄美本通りと末広通りの交差点にある

文具の東京堂さんで、ワクワクするアイテムを発見しました〜!!

考えながら、楽しみながら♬ 指を動かし、頭をつかい、達成感も味わえる!

子どもも大人も楽しめる ★進化系おりがみ★(勝手に命名☺️)

東京堂55 4
東京堂55 5

海の生き物、恐竜、きせかえ、ウルトラマンまで!

そして、ぜひ、ご家族でチャレンジしていただきたい究極のおりがみ。

その名も

「心が折れる折り紙シリーズ」!!!!!

東京堂55 11

折りきった達成感は半端ないと思います!ヒーローになれそうです💕

この他にも、ワクワクする文具がいっぱいの東京堂さん✨

東京堂55 2
マスク制作用で探されていたお客様もいらっしゃいました
東京堂gw

文具の東京堂

電話:0997-52-0403
住所:奄美市名瀬末広町7-17
営業:10:00〜19:00
定休:ほぼ無休

3倍楽しめるBAG♬ニューマツモト

なぜまち商店街奄美本通りのニューマツモトさんで、素敵なBAGを発見✨

春らしいこちらのBAG🌸

 Dlx4602

なんということでしょう!!

リバーシブルで使えるじゃありませんか❣️

ひっくり返すと、女性が大好きな花柄🌼🌸💐

 Dlx4603

そして嬉しいことに、右のBAGにはポーチが。

左のBAGにはIN BAGがついていました!

日によってBAGを変える方には中身をそのまま移せるIN BAGは重宝しますね♬

もちろんIN BAGだけでお出かけも可能です(^^)ショルダーストラップもついてるんです✨

プライスも驚くほどお手頃でしたよ😉(気になる方はぜひ店頭でご覧ください)

この他、お洒落なお洋服に合わせた、たくさんのBAGがディスプレイされていました。

 Dlx4598

母の日のプレゼントにもオススメです🎁

お洋服やBAGも豊富なニューマツモトさんに、ぜひ行かれてみてくださいね✨

以上、まち色編集局emiでした!

 Dlx4594
ニューマツモトの店舗情報はこちら

*花やかな春の装いと美しい花*オレンジハウス

なぜまち商店街、歩道など新しくなった奄美本通り✨

素敵なディスプレイが目を引く、オレンジハウスさんに行ってきました📷

 Dlx4607
 Dlx4608

春色のお洋服や、セミフォーマルなど素敵なアイテムがたくさん💕

まち色編集局emiも欲しいアイテムがいっぱいで、自分目線で写真を撮ってしまいました(^^)

 Dlx4614

母の日にもオススメなワンピースやシャツ、ストールも🌸

 Dlx4613
 Dlx4610

素敵なお洋服と一緒に飾られていた、ツツジの花も見事で春の訪れを感じました♬

Dlx4605
 Dlx4606

母の日のプレゼントなど、優しいオーナーさんが相談に乗ってくれますよ(^^)

心遣いも素敵なオレンジハウスさんへ、ぜひ行かれてみてくださいね〜♬

以上、まち色編集局emiでした!

オレンジハウスの店舗情報はこちら

♬まちなか公園コレクション♬

奄美大島中心市街地の、小さなお子さんから大人まで癒される公園を回ってみました☺️

まずは、港町にある「みなと公園」🌳☀️

オレンジ色のレトロな遊具♬

遊具の可愛いお顔は、ぜひいかれて見てくださいね☺️

奄美大島中心市街地の公園 8

続いて、伊津部町にある「あさひ公園」🌳☀️

広々とした、まさしく「広場」があり、思う存分かけ回れます🏃‍♂️

ボルダリングの遊具も楽しそうです☺️

続いて、幸町にある「みかた公園」🌳☀️

気持ちいい風が吹く木陰のベンチで、ゆっくりできます☺️

お子さんを遊ばせながら、ママ友同士でのおしゃべりもいいですね♬

奄美大島中心市街地の公園 5

続いては、奄美の繁華街「やんご」にある金久町の「かねく公園」🌳☀️

先月まで満開だった緋寒桜🌸は、ただいまさくらんぼが成長中🍒

新しいブランコが設置真っ只中でした☺️

なぜまち商店街にある「ふれあいパーク」は、お手洗いやご休憩に利用できます☺️

コクトくんとロビンちゃんのベンチが可愛いですよ💕

奄美大島中心市街地の公園 4

新型コロナウイルスの感染報告はありませんが、「観光地に行くのはちょっと…」という声も聞きます。

また、学校が休校で外へ出るのを遠慮されてるお子さんも。

メッチャ晴れてる土曜日。
お子さんと一緒に近所の公園で息抜きしてみては。

以上。

まちなか公園レポートでした(^^)/

微笑まなかったタイ

海外旅行記

1年目:台湾

本誌連載『菊次郎 志を受け継いだもう一つの「西郷伝」』の、菊次郎さんの足跡を辿り訪れた宜蘭

2年目:アメリカ

世界自然遺産に登録された暁には海外からの観光客も増えるであろうし、土俵は世界となる。ならば、海外から奄美大島を俯瞰してみようと訪れたニューヨーク。

3年目:タイ王国

その第2段の候補は東南アジア。

宗教色が強く身分制度も残る中、発展する都市と医療。そしてビーチでの喫煙禁止を進めるなど、美しいビーチがありながら奄美との違いも多いタイ王国に決定。3月で旅行記計画を立て、昨年の12月にチケットを購入。

ところが、新型コロナウイルスのニュース!

新型コロナウイルス拡散

2月中での収束に期待をしつつ情報収集をしていると、自体はどんどん悪い方向へ。

エアラインはノックスクートというLCC便を手配していたのでキャンセルはもちろんのこと、変更すらNG。エアラインが通常な限り旅行の取り止めは自己都合でのキャンセル扱いとなるため、旅行保険も適用外。

まぁ、これは値段とのトレードオフということで理解はしているものの、問題は行くか行かないか?

現地ブログで空いているという記事を見れば「今しか出来ない体験か?」と考え、国内での感染ニュースを見れば「奄美に持ち込んではいけない!」と慎重に。

時が経つにつれ、僕たちはメディアの端くれではあるが報道ではないので「無理はしない」。そもそも「観光地へ訪れる旅行記なのに人が少ない時に行ってどうする」と、思案は中止の方向に。

「キャンセルの出来ないプランですが、刻一刻と世界情勢が変化していますのでキャンセルはギリギリまで待たれた方が良いかも」という旅行代理店の担当者さんのアドバイスに従い情報収集をしながら待っていると、来ました!

Nokscoot Booking Select

No Flightsのお知らせが。

エアライン欠航

3月19〜21日で計画していた弾丸旅行。
13日に届いたメール「21日から欠航」のお知らせ。

計画があと1日早かったらアウトでした。

自己都合によるキャンセル扱いとなってしまった方も沢山いらっしゃるようなので手放しでは喜べませんが、少なくとも葛藤からは開放されました。

実質的に入国禁止?

追い討ちをかけるかのようなタイ保健省からの発表。

感染拡大地域からの渡航者について
フランス、スペイン、アメリカ合衆国、スイス、ノルウェー、デンマーク、オランダ、スウェーデン、イギリス、日本(特定の都市、写真1)、およびドイツは、2020年3月13日、19:00の時点で新型コロナウイルス感染拡大が現在進行中の国・地域として指定されています。

タイ政府の2020年3月17日の発表によると、出発空港でのチェックインの前に、渡航者は航空会社に以下の書類を提示しなければなりません。

●医療機関が発行する英文の健康証明書
「出発日からさかのぼって過去48時間に新型コロナウイルス(COVID-19)感染の証拠がなく、また出発日の14日前に病気の兆候がない」と記載されたもの
健康保険
 海外旅行中の医療費の全額をカバーする10万米ドル相当かそれ以上のもの。旅行者は旅行前に健康保険を購入する必要があります。

「タイ国政府観光庁から渡航者の皆様へアドバイス 2020年3月18日」タイ国政府観光庁サイトより(表題写真共)

現時点ではPCR検査を受けるのが難しいため、実質的な入国禁止。

さらにこんな記事も。

 新型コロナウイルスの感染拡大は7万人超の日本人が暮らす東南アジア・タイの日本人社会にも色濃く影を落としている。

 多くの観光客らが「水掛け祭り」を楽しみにしているタイ旧正月の「ソンクラン」は日程(4月13~15日)を7月以降に延期することが決まったうえ、3月18日からは映画館やパブ、バーなどの娯楽店、マッサージ・スパ店、日系を含む語学学校や学習塾が一斉閉鎖された。

 すでにコンサートや展示会といった各種イベントの自粛はほぼ徹底されており、街の人影はすっかりまばらだ。

 それに加えて今現地で暮らす日本人たちが最も気にしているのが、いつ日本に帰国できるのかというタイミングだ。航空会社が日本路線の運航を軒並み休止としたほか、日タイ両国が水際での感染防止のため入国後の強制的な隔離を準備しているためだ。

 折しも毎年3月末から4月初めにかけては、海外駐在員の定期異動や一時帰国時期。「日本に帰れない!」――悲痛の叫びが広がっている。

「コロナ直撃でタイの日本人社会も悲鳴、歓楽街は真っ暗・帰国できない…」DIAMOND onlineより

やはり中止で正解です。

未だ収束の見通しが立っていない新型コロナウイルス。
テレビからは楽観視する印象を受けますが、海外からは厳しい目で見られている日本。そして世界恐慌の影。

早い収束を願うばかりです。

永遠のソール・ライター

ニューヨークで活躍

ニューヨークを拠点にファッションフォトグラファーとして活躍したライター氏。ELLEヴォーグなど有名なファッション誌に掲載されていたので、氏の写真を目にしたことのある方もの多いのではないでしょうか。

ソール・ライターとは

写真家ソール・ライター(1923-2013)。 1950年代からニューヨークで第一線のファッション写真家として活躍し、1980年代に商業写真から退いた後、世間から突如姿を消しました。ほとんど知られていなかった写真家の展覧会がこれほどの反響を巻き起こした背景には、画家として出発し、天性の色彩感覚によって「カラー写真のパイオニア」と呼ばれた個性と才能がありました。約8万点のカラー写真をはじめとする作品の大半を整理することなく世を去った写真家の「発掘作業」は今もなお、現在進行形で続けられています。 

Bunkamura ソール・ライター展より

写真が苦手

写真好きの親戚の影響で、写真を写すことも写ることも苦手に育った僕ですが、写真集を見るのは好きでした。

見たこともない世界が広がる写真集。

「はい、こっち向いて!」

「笑わんば」

「写すよ、ハイチーズ!」

そこには、ぎこちないポーズとひきつった笑顔ではなく、狙い計算され尽くした構図にハプニングというスパイスを加えた写真。偶然を類稀なセンスで切り取った写真が収められていました。

フォトグラファーたちの名前など気にも止めず、がむしゃらに写真とその先にある世界を見、どのように撮影したのかを想像していた中高生の頃。

その中でも印象的だったのが氏の写真でした。

写真展

2月。

ソール・ライター氏の写真展がBunkamura ザ・ミュージアムで開催されていることをNHKで知り、ぜひ見に行きたいと3月上旬の予定を調整。

そんな矢先に、新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため、2月28日以降の全日程の中止が発表されました。

こればかりは仕方ないのですが、幸いにも写真展の図録が発売されていたので注文。

写真集『永遠のソール・ライター』

今日届きました。

ソールライター 1

世界初公開を含む豊富なスナップ写真群と、セルフポートレート、最愛の妹や女性のポートレートを収録。ライターが暮らしたニューヨークの街並みへの優しい視線、身近な人に向ける親密なまなざしを、作品を通して感じることができる写真集。

ページをめくる度にドキドキさせてくれる写真集には、氏の語録も掲載されています。

その中でも特に気になった言葉。

「私の好きな写真は 何も写っていないように見えて 片隅で謎が起きている写真だ。」

仕事がら商業写真ばかりを写している僕。
いつかそんな写真が写せるようになりたいものです。

老舗の靴屋さんで老舗ローファーを購入✨

新入学準備‼️

この春から高校生になる娘と、なぜまち商店街 中央通りアーケードの「シューズショップ オオギヤ」さんへ行ってきました。

幼稚園入園3歳の頃から成長を見守ってくれている商店街のお店さんです。

オーナーさんから「卒業・高校合格おめでとう!」の嬉しいお声かけ☺️

娘にとって初めての「ローファー」に、老舗メーカー「HARUTA」をオススメしてもらいました✨

オオギヤ学校指定靴 ローファー 0001
お手入れをする用に、簡単に靴が磨けるハンディタイプの靴クリームもオススメ✨

年代を超えて愛用されている定番のコインローファー。
人工皮革なのでお手入れがしやすく、丈夫で軽いので長時間履いても疲れにくいそうです。

雑誌Seventeenにも掲載されている、こちらのモデル。
映画「映像研には手を出すな!」でも、この写真のブラックが着用されるそうです☺️

4月から、この素敵なローファーを履いて登校する姿が楽しみでなりません♬

他にも、幼稚園から高校まで、スニーカーや室内履き・体育館シューズ等も揃っているので、是非いかれてみてくださいね☺️

オオギヤ学校指定靴 中学校 0002
オオギヤ学校指定靴 中学校 0001
シューズショップ オオギヤの店舗情報はこちら

しあわせランチタイム♡

3月12日、中学校の卒業式🌸

無事に卒業式を終え、娘が大好きなお店✨

なぜまち商店街 AiAiひろば真向かいのMISHOLAN BAR susuMUCHOさんにランチに行ってきました♬

本日のランチは「豚ロースグリル バルサミコソース」

ススムーチョ 本日のランチ

バルサミコ酢風味のデミグラスソースが食欲をそそって、ぺろりと完食✨

娘は、プチプチの明太子とタコの食感がクセになる「明太子パスタ」💕

ススムーチョ たらこパスタ1

ススムーチョ たらこパスタ2

美味しそうに食べている娘の顔を見て、私もしあわせ気分✨

食後にはドリンクもついて、ほっこり♡

お洒落な店内は、インスタ映え間違いなし!

この春JKになる娘もたくさん写真を撮ってました📷

お友達やカップル、ご家族でのお食事にオススメです☺️

しあわせランチ、ごちそうさまでした💖

MISHOLAN BAR susuMUCHOの店舗情報はこちら
1 2 3 4 5 6 7