Peach、奄美便も運休に!

4月・5月の減便と運休について

Peach Aviation株式会社(以下:Peach、森健明代表取締役CEO)は、本日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う需要の減少に鑑み、奄美便の運休を決定しました。

来たれ!アジアの空へ羽ばたく未来のパイロット 「Peach パイロットチャレンジ制度 with AIRBUS」

大阪(関西)-奄美

運休対象期間:4月10日〜4月30日

東京(成田)-奄美

運休対象期間:4月10日〜4月30日

他地域の減便・運休状況

 国内線減便・運休(4月10日~5月31日分)

Peach運休表1 4月および5月の運航便
Peach運休表1 4月および5月の運航便

22路線 2,612便

国際線

国際線は全便5月31日(一部便は5月30日)まで運休期間を延長。

新型コロナウイルス関連肺炎に関する対応

払い戻しや他のPeach便への振替など、新型コロナウイルス関連肺炎に関する対応については、特設ページをご覧ください。
https://www.flypeach.com/news/20200130


奄美大島での感染確認は無いものの、新型コロナウイルス感染症の影響が拡大し続けています。
一刻も早く事態が収束することを願うばかりです。

Peach 大阪(関西)-奄美線就航

Peach について(www.flypeach.com
Peachは、2012年3月に関西空港を拠点として運航を開始しました。現在、関西空港に加え、新千歳空港、仙台空港、成田空港、福岡空港、那覇空港を拠点空港とし、33機の機材で、国内線22路線、国際線17路線に就航しています。Peachは「アジアのリーディングLCC」を目指し、2019年11月1日に、成田空港を拠点空港としていたバニラエアと統合しました。