「 東京 成田 長崎線 、鹿児島線 」 に就航!

 ~首都圏から九州へのネットワークがさらに広がりました~

Peach Aviation株式会社(以下:Peach、代表取締役CEO:井上慎一氏)は、3月29日(日)、東京(成田)-長崎線、東京(成田)-鹿児島線に就航しました。長崎線は1日1往復、鹿児島線は1日2往復で運航します。 

 フライトタグを配布

成田空港、長崎空港、鹿児島空港を出発した初便では、就航を記念し、客室乗務員が搭乗者にそれぞれの就航地にちなんだイラスト入りのフライトタグを配布しました。

九州は4路線へ

成田空港から発着する路線は、本日運航を開始した成田-長崎線、鹿児島線の2路線が加わることにより、国内線8路線、国際線2路線の計10路線に。そのうち、成田と九州間を運航する路線は、福岡、奄美線を含めた計4路線へと拡大し、首都圏から九州へのアクセスがますます便利になりました。

来たれ!アジアの空へ羽ばたく未来のパイロット 「Peach パイロットチャレンジ制度 with AIRBUS」

さらに、2020年度サマーダイヤ期間(2020年3月29日~10月24日)には、大阪(関西)-鹿児島線を1日2往復から3往復に増便するそうです。

運行スケジュール

運航スケジュール
Peach 大阪(関西)-奄美線就航

Peach について(www.flypeach.com
Peachは、2012年3月に関西空港を拠点として運航を開始しました。現在、関西空港に加え、新千歳空港、仙台空港、成田空港、福岡空港、那覇空港を拠点空港とし、33機の機材で、国内線22路線、国際線17路線に就航しています。Peachは「アジアのリーディングLCC」を目指し、2019年11月1日に、成田空港を拠点空港としていたバニラエアと統合しました。

来たれ!アジアの空へ羽ばたく未来のパイロット 「Peach パイロットチャレンジ制度 with AIRBUS」

~第3期生の募集を開始~

Peach Aviation 株式会社(以下:Peach、井上 慎一代表取締役CEO)は、3月1日(日)より「パイロットチャレンジ制度 with AIRBUS」の第3期生の募集を開始します。

「パイロットチャレンジ制度 with AIRBUS」とは

LCC の普及などにより航空総需要が急激に拡大している昨今のアジアにおいて、パイロットを目指す方々の層の拡大を図ることを目的に、経済的負担を軽減した上で、パイロット育成を行う制度です。

同制度はPeach を主体にANA グループ、エアバス、三井住友銀行の協力を得て実現したものです。2018 年に実施した第1 期生の募集には、2,000名を超えるエントリーをいただくなど、パイロットを目指す方々からの高い関心を集めることができました。

来たれ!アジアの空へ羽ばたく未来のパイロット 「Peach パイロットチャレンジ制度 with AIRBUS」

第3期生募集

第1期生は2019年4月に入社し、現在、ニュージーランドにて訓練中です。第2期生は2020年4月1日(水)に入社し、訓練を開始する予定です。今回募集する第3期生は2021年4月1日(木)の入社を予定しています。

Peachではこの制度を通して1人でも多くのパイロットを育成し、パイロット不足の解消、ならびに航空総需要の拡大に貢献してまいります。

募集要項は次項のとおりです。応募エントリー方法は、Peach採用ウェブサイト内の専用ページをご参照ください。パイロットの夢にチャレンジする情熱あふれる方からのご応募をお待ちしています。

募集要項(概要)

  • 業務内容 : 操縦士のライセンス取得のための基礎操縦教育訓練
  • 採用予定 : 若干名
  • 就業場所 : 関西空港ならびに会社が指定する各訓練施設(国内、ニュージーランド、イギリスを予定)
  • 採用時期 : 2021年4月1日(予定)
  • 対 象 者 : 2021年4月1日の時点で次のいずれかに該当する方もしくは見込みの方
    • (1)4年制大学に2年以上在学している方
    • (2)専門学校、短期大学、高等専門学校、4年制大学を卒業、または大学院を修了した方
  • エントリー期間
    • FCAT のエントリー期間3月1日~3月16日
    • Peach のエントリー期間6月2日~6月4日(予定)

※FCAT(Flight Crew Assessment Test )とは、ANA グループが実施するパイロットの適性テストです。プロセスは、書類選考、英語試験(GTEC Business 4 技能)、適性試験、グループワーク、個人面接などを実施する予定です。 FCAT 全てのプロセスにおいて合格することが、エントリーの条件となります。

訓練の流れ

  1. ANAグループのノウハウを活かした質の高い訓練プログラムの提供
  2. 訓練は、海外でのEASAライセンス*1取得訓練(前半)と、国内で実施するJCABライセンス*2取得訓練(後半)の2部制で構成
<前半訓練>
  • 海外の「L3 CTS Airline and Academy Training Limited(ニュージーランド、イギリス)(予定)」にて約1年8カ月間の訓練を実施
  • 欧州の事業用ライセンスならびに、計器飛行証明ライセンスを取得
  • 訓練費用は自己負担だが、三井住友銀行協力のもと、海外でのライセンス取得にかかる費用の支払いに利用できる「訓練費用サポートローン」を準備
  • 訓練期間中の生活費等の支援を目的に、チャレンジ手当を支給
<後半訓練>
  • 海外訓練終了後、採用選考を経て、「Peach自社養成訓練生」として入社し、国内の本田航空(予定)にて、約8カ月間にわたり、日本のライセンスへの切り替えにおける訓練を実施
  • 「Peach自社養成訓練生」として入社していただいた後の日本国内での訓練費用はPeachが全額負担

*1EASAライセンス:EASA(欧州安全機関)加盟各国が発行するライセンス
*2JCABライセンス:JCAB(国土交通省航空局)が発行するライセンス

来たれ!アジアの空へ羽ばたく未来のパイロット 「Peach パイロットチャレンジ制度 with AIRBUS」
※訓練実施場所、期間は変更となる場合があります。
Peach 大阪(関西)-奄美線就航

Peach について(www.flypeach.com
Peachは、2012年3月に関西空港を拠点として運航を開始しました。現在、関西空港に加え、新千歳空港、仙台空港、成田空港、福岡空港、那覇空港を拠点空港とし、33機の機材で、国内線21路線と国際線18路線に就航しています。
1日あたりの運航便数は約140便で、毎日20,000人以上のお客様にご利用いただいています。Peachは「アジアのリーディングLCC」を目指し、2019年11月1日に、成田空港を拠点空港としていたバニラエアと統合しました。