秋名・幾里集落 ドローン空撮写真

秋名・幾里

概要

集落の南部には大島本島でも指折りの面積を誇る水田があり、稲作やタイモ、マコモの栽培がおこなわれている。

龍郷町 集落めぐり 秋名・幾里集落 龍郷町 集落めぐり 秋名・幾里集落

昔から集落も大きく、唄遊びも盛んに行われ、「コナハジマ(小さい那覇の意味)」と呼ばれることもあったそうだ。また、大島紬の代表的な柄「秋名バラ」はここが発祥の地だ。

秋名バラ柄写真

秋名バラ柄

明治40年頃までは有良、芦花部、秋名、幾里、嘉渡、円、龍郷(安木屋場を含む)、久場の8村の役場があり、当時戸長だった伊藤隆明氏が初代竜郷村長に就任した。また、本町名誉町民で在漢口総領事、大使館参事官、参議院議員、衆議院議員などを歴任した伊藤隆治氏の出身地である。

他の集落(シマジマ)では、秋名・幾里を総称して「秋名」と呼ぶ場合がある。「幾里集落」は行政区による区分では集落として独立した形になっているが、伝統行事、地域行事などは共同で行われるなど、秋名・幾里は共に歩んできた。

龍郷町 名誉町民 伊東隆治氏 顔写真

伊東 隆治 氏

動画

神社

龍郷町 観光ガイド 秋名・幾里 厳島神社写真
厳島神社

昔はオミヤといい、サトムラに流れ込むヒゴ(川の名前)の上流にあったが、いつの頃にかブウン崎に移転された。ブウン崎にあったころはテラと称し、隣接の芦花部ではブウンのテラと呼んでいた。嘉渡や芦花部などの隣接の集落からも参詣者がおり、特に戦時中は夫や息子の武運長久を祈る人々が多かったようだ。
現在地へは昭和35年旧1月に移転。

見どころ

秋名・幾里集落の見どころ

龍郷町観光ガイド 秋名・幾里集落 ショチョガマ祭場 写真
ショチョガマ祭場
龍郷町 観光ガイド 秋名・幾里集落 平瀬マンカイ祭場 写真
平瀬マンカイ祭場
秋名・幾里集落 琉球石垣写真
琉球石垣
奉安殿 写真
旧秋名小学校奉安殿
秋名・幾里集落 秋名の桜並木写真
秋名の桜並木

オススメのお店

秋名・幾里集落 奄美すけがちの宿写真
奄美すけがちの宿
秋名集落 奄美の住み処 シマ宿 GAMA屋写真
奄美の住み処 シマ宿 GAMA屋
龍郷町 観光ガイド 西田タクシー 写真
西田タクシー

地図

Translate »