マチイロ編集局 emiが行く! 取材旅行記「 菊次郎の足跡を訪ねて」

本誌にて連載している西郷菊次郎さんの足跡を訪ねて、台湾へ行ってきました。

 

 

5月29日

宜蘭市へ

台湾桃園国際空港から台北駅、そこから高速バスに乗り継いで宜蘭市を目指します。

高層ビルが立ち並ぶ台北から高速道路を走りトンネルを抜けると、青々しい水田の広がる光景が目に飛び込んできます。

宜蘭県政府。菊次郎が明治30年に宜蘭庁長として就任した地です。

宜蘭駅

 

宜蘭県農業協会

まず訪問したのは宜蘭県農業協会。

菊次郎の活躍から、話は台湾米を原材料とした奄美黒糖焼酎をつくり、それを西郷親子ゆかりの地で販売したいという大きな夢まで。奄美を重要視していることを実感しました。

 

宜蘭市役所

林会務部主任と呉さんの案内で宜蘭市役所へ。

江聰淵市長と記念撮影

市長室にて江聰淵市長と対談。奄美大島のことや菊次郎のこと、宜蘭市のお話も伺うことができ、楽しく貴重な時間を過ごしました。

 

西郷庁憲徳政碑

郊外の宜蘭河浜公園 宜蘭川中山橋のほとりにある西郷庁憲徳政碑へ。

マチイロ撮影 西郷庁憲徳政碑の写真

西郷庁憲徳政碑

machiiro 撮影 説明看板の写真

鹿児島西ロータリークラブが2014年に設置された説明の看板

当時、毎年氾濫を繰り返す宜蘭川に菊次郎は1年5ヶ月をかけて堤防をつくり、人々を水害から守りました。この治水事業の功績は菊次郎が日本に帰った後も称えられ、明治38年に記念碑が建立されました。

 

宜蘭設治記念館

マチイロ撮影 宜蘭設治記念館の写真

宜蘭設治記念館

近くにある宜蘭設治記念館は菊次郎が務めた旧宜蘭庁長官舎を改装したもので、古い写真や地図などがあり歴史を知るのに最適です。





 

5月30日

国立台湾師範大学

改修工事中の国立台湾師範大学。学舎は防護壁に書かれた絵です。

台北の国立台湾師範大学を訪問。

国立台湾師範大学運動休閒与餐旅管理研究所 林伯修教授と日本からの留学生二人、地元の学生と交流させていただきました。なかでもYouTubeで奄美大島の動画を見ているという学生には驚きました。

教授ご家族や留学生とランチに。

沖縄物産企業連合台湾事務所の陳所長と合流し、台湾・沖縄・奄美の話に。盛んに行われている沖縄フェアのように、台湾で奄美フェアを実現したいと強く思いました。

 

台湾のホスピタリティの高さに感動!

駅や至る所にある充電サービス。

駅で迷っていると現地の女性が日本語で案内してくれたり、ホテルやお店などで日本語が通じたりし、Wi-Fiやスマホの充電に困ることもありませんでした。

今年は台湾からの大型客船が毎週のように寄港します。

菊次郎ゆかりの地、台湾と奄美大島。

このご縁をきっかけに、交流を深めていきたいと思います。

今回の取材をコーディネートしていただいた赤崎さんを囲んで。

 

取材地

 

フォトギャラリー

一泊二日と弾丸取材でしたが、夜と二日目の朝は少し台湾の街を散策することができました。

ドローンパイロット

奄美生まれの奄美育ち☆

思春期の娘と毎日楽しく奮闘中の働くママです♬

地域活動や防衛モニターなどなど、色々と活動しています☆

Pocket
LINEで送る