平瀬マンカイ祭場

龍郷町 観光ガイド 秋名・幾里集落 平瀬マンカイ祭場 写真

概要

平瀬マンカイの祭りは午後4時頃、夕方の満潮に合わせて祭りを行う。

ショチョガマが田や畑山の神々への豊作祈願であれば、平瀬マンカイは海の彼方(ネリヤ)の神々への祈願。
神平瀬には5名のノロ役の女性が岩に登り、女童(メラベ)平瀬には男性3名(ノロの補佐役、シドワキ・ウッカム・グージ)・女性4名が岩に登り、女童平瀬の女性は太鼓を打ち鳴らし、神平瀬と女童平瀬とで唄の掛け合いが行われ、海の彼方の神々への豊作祈願が行われる。

それが終わると、神平瀬では合掌し祭詞をとなえ、ネリヤの神に対する礼拝で祭りを終了。その後、浜に下りて八月踊りを行う。

特徴

国の重要無形民俗文化財 〜秋名のアラセツ行事〜

平瀬マンカイは、ショチョガマとあわせて「秋名のアラセツ行事」として昭和60年1月12日に、国指定重要無形民俗文化財として指定されています。

県の無形民俗文化財

平瀬マンカイ単体では、県指定無形民族文化財に指定されています。

地図

こちらもオススメです

  1. 芦徳集落 ウガンヌハナ写真

    ウガンヌハナ

  2. 旧屋入墓 写真

    旧屋入墓

  3. 秋名・幾里集落 琉球石垣写真

    琉球石垣

  4. 瀬留集落 瀬留のカキ漁跡写真

    瀬留のカキ漁跡

  5. 屋入集落 屋入のカキ漁跡写真

    屋入のカキ漁跡

  6. 瀬留・玉里集落 白糖工場跡写真

    白糖工場跡

Translate »
error: Content is protected !!