特定非営利活動法人まち色

NPO法人まち色バナー

ミッション:なぜまちから奄美を元気に!

まちの活性化に関する事業を行うことにより、まちの賑わい再生を図り、もって奄美群島全体の地域貢献に寄与する。

特定非営利活動の種類

目的を達成するため、次に掲げる種類の特定非営利活動を行う。

  1. まちづくりの推進を図る活動
  2. 経済活動の活性化を図る活動
  3. 学術、文化、芸術又はスポーツの振興を図る活動
  4. 情報化社会の発展を図る活動
  5. 職業能力の開発又は雇用機会の拡充を支援する活動
  6. 子どもの健全育成を図る活動
  7. 環境の保全を図る活動
  8. 地域安全活動

事業

目的を達成するため、特定非営利活動に係る事業として、次の事業を行う。

  1. なぜまち情報の発信、情報交換及びネットワークの構築事業
  2. なぜまちの地域資源の活用を通じた地域活性化事業
  3. 人材育成及び起業支援事業
  4. なぜまちの住民、団体及び事業者の活性化を目的とした各種支援事業
  5. なぜまちにおけるふれあい交流拠点の運営事業
  6. まちづくり計画及び活動への参画
  7. 指定管理制度による公共施設等の管理運営事業

概 要

役員・社員

2018年6月28日の総会にて役員が選任されました。
※任期2年

理事長 惠 大造

副理事長 泉 力

理事 當田 栄仁

監事 茂木 孝也

事務局長 惠 枝美

社員:10人

事務局

  • 電話:0997-69-3966
  • ファックス:0997-57-0139
  • 住所:〒894-0021 鹿児島県奄美市名瀬伊津部町1番9号

 

 

あゆみ

  • 2007年 (平成19年)

    発 足

    平成19年度、奄美市名瀬中心市街地の活性化を目的として平成19年度 鹿児島県 魅力あふれる商店街活性化支援事業を受けて「なぜまち”Cme(カン)モーレ”プロジェクト」が結成されました。
    同プロジェクトは、奄美市通り会連合会と奄美市社交飲食業組合を中心に、奄美大島商工会議所、奄美市とも連携し、奄美の方言で「カンモーレ(こちらにいらっしゃい)」という名称のとおり、各団体の活性化への取り組みをネットワークして、より多くのお客様にまちを訪れていただこうという取り組みであり、同プロジェクト情報発信部会の活動として取り組まれたのが、「machi-iro/まち色」でした。
    特に「まち色」マガジンは、雑誌作りに関しては全く未経験だった商店街・飲食街のメンバーによるボランティアでの製作であるにもかかわらず、第4号まで号を重ねるごとに評価を高めていきました。

  • 2008年 (平成20年)

    設 立

    「まち色」は、平成20年度でプロジェクトに対する鹿児島県からの補助金「平成19年度 鹿児島県 魅力あふれる商店街活性化支援事業」が終了した後も、存続を求める声に応えて活動の継続を決定。
    今後更に、「なぜまち」の情報発信のみならず奄美全体の活性化に取り組むべく、特定非営利活動法人法人として平成20年10月7日に、社員15名(内、理事7名/監事1名/正会員7名)、事務局員1名にて「特定非営利活動法人 まち色」を設立させました。

  • 2009年 (平成21年)
    • 4月:奄美市より指定管理を受け、奄美市末広駐車場の管理運営業務を開始。
    • 5月:ふるさと雇用再生特別基金事業を奄美市より受託して、「人と文化の交流によるなぜまち商店街にぎわい創出事業」を二ヶ年実施。/奄美市の皆既日食のぼり旗制作。
    • 6月:通り会連合会の皆既日食のぼり旗と奄美本通り皆既日食Tシャツを制作。
    • 12月:奄美市より空き店舗対策事業を受託してカンモーレ交流プラザ事業を開始し、「machi-iro cafe」をオープン。
  • 2010年 (平成22年)
    • 1月:あまみシマ博覧会ののぼり旗制作。
    • 2月:奄美市健康増進課に「よるまちなか土曜検診」をカンモーレ交流プラザmachi-iro cafeにて実施。ポスター・DM制作。
    • 3月:奄美市一集落1ブランドの看板を制作・設置。
    • 4月:奄美市より指定管理を受け、ふれ愛パークの管理業務を開始。/重点分野雇用創造事業を奄美市より受託し、単年度事業として「なぜまちMALL」を実施。
    • 7月:reスタート事業として『チャレンジモール』を開始。
    • 8月:「やんご生誕100年記念事業」のTシャツを制作。
    • 10月:奄美市通り会連合会との連携と、株式会社横浜ベイスターズの協力により10.20豪雨災害支援チャリティーイベント「まーじんきばろうでぃ奄美」を開催。/横浜ベイスターズ公式グッズの販売。
    • 12月:株式会社横浜ベイスターズの協力により、横浜ベイスターズのグッズ販売の一部を奄美豪雨災害義援金として奄美市へ託す。/奄美秋季キャンプガイド・ポスター・のぼり旗等の制作。
  • 2011年 (平成23年)
    • 2月:第1回 宝探しゲーム in なぜまち商店街を開催。鹿児島県国民健康保険団体連合会奄美地区のポスターを制作。/「やんご生誕100年記念事業」の冊子を制作。
    • 3月:奄美市一集落1ブランドの看板を制作・設置し、ポストカードを制作。/事業期間満了により、「人と文化の交流によるなぜまち商店街にぎわい創出事業」と「なぜまちMALL」の受託事業終了。
    • 11月:株式会社横浜ベイスターズと奄美市通り会連合会のご協力のもと、カンモーレ!横浜ベイスターズ歓迎祭を開催。/球団公認の横浜ベイスターズ「奄美秋季キャンプガイド」サイトを設置し、Facebook、Twitter、ブログを連動させて横浜ベイスターズの奄美秋季キャンプをレポート。/奄美秋季キャンプガイド・ポスター・のぼり旗等の制作/横浜ベイスターズ公式グッズの販売を行う。
  • 平成24年 (2012年)
    • 2月:第2回 宝探しゲーム 親子でチャレンジ なぜまちの秘宝〜5つの文字を探せ!〜を開催。
    • 3月:奄美市一集落1ブランドのポスター、マップを作成。/事業期間満了により、『チャレンジモール』と『カンモーレ交流プラザ』事業終了。
    • 4月:奄美市末広駐車場の指定管理を奄美市より再受託。
    • 11月:株式会社横浜DeNAベイスターズ奄美秋季キャンプガイド・ポスター・のぼり旗等の制作、Facebook、Twitter、ブログを連動させて奄美秋季キャンプをレポート。/公式グッズの販売を行う。
  • 2013年 (平成25年)
    • 1月:「紬の日」実行委員会に記念写真撮影として参加。
    • 2月:奄美観光桜マラソン撮影。
    • 8月:社交飲食業組合ガイド冊子「やんごマガジン」制作。
    • 9月:やんごビヤガーデンポスター制作
    • 10月:本場奄美大島紬イベント「大産地まつり」フライヤー・紬の香る街歩きマップ制作、実行委員会に記念写真撮影として参加。
    • 11月:株式会社横浜DeNAベイスターズ奄美秋季キャンプガイド・ポスター・のぼり旗等の制作、Facebook、Twitter、ブログを連動させて奄美秋季キャンプをレポート。/公式グッズの販売を行う。
  • 2014年 (平成26年)
  • 2015年 (平成27年)
  • 2016年 (平成28年)
  • 2017年 (平成29年)