その七

撮影:惠 枝美

明治36年(1903年)、台湾から帰国した菊次郎は鹿児島で静かな日々を過ごしていた。

西郷邸跡 志を受け継いだもう一つの「西郷伝」
鹿児島市にある「西郷屋敷跡」。ここで菊次郎は父・隆盛、母・イト(隆盛3番目の妻)と少年時代を過ごし、台湾からの帰国後に一家団欒の日々を送った。

 あの西南の役から26年。風景は様変わりし、穏やかな鹿児島の西郷邸にて久しぶりの妻久子と五人の子供たちを交える一家団欒の日々。

 しかし鹿児島での静けさとは逆に、日本にはロシアとの関係悪化という暗雲が近づきつつありました。

 明治27年(1894年)の日清戦争に勝利したのち、清の遼東半島が一度は台湾同様、日本に割譲されたのですが、その後ドイツ・フランス・ロシアの三国干渉により、遼東半島は清に返還して一部を租借することに。ところが返還するやいなや、上記の三国そしてイギリスを含めた四カ国が日本以外にも遼東半島の各地域を清から租借するようになります。

 結局、清に味方すると思わせておきながら東南アジア同様の欧米植民地化が進む一方でした。

 さらに台湾での抗日運動同様、「外国勢力を追い払おう」という義和団事件が起きます。元々はキリスト教布教に対する反キリスト教活動でしたが、1899年頃から「扶清滅洋(清を助けて西洋を滅ぼす)」というスローガンを掲げた大規模な武装排外運動に発展しました。

 当初は欧米列強の要請を受け、義和団鎮圧にあたっていた清王朝でしたが、1900年6月、義和団とともに外国勢力を排除することに方針転換し、列強に宣戦布告することとなります。

 これに対し、日本・ロシア・イギリス・アメリカ・フランス・ドイツ・イタリア・オーストリアハンガリー帝国の八カ国は連合軍をなし、二ヶ月も経たない内に首都北京・紫禁城を制圧。清朝は4億5千万両という莫大な賠償金の支払いと更なる植民地化を余儀なくされてしまいました。

 そして義和団事件後、各国軍が撤退した後も、ロシア軍だけは中国東北部に留まり現地を占領。ロシア軍の南下を危惧するイギリスは、牽制のために明治35年(1902年)、日英同盟を結びます。このように緊張感が高まり、明治37年(1904年)2月、日露戦争開戦。最初の激戦地はロシア軍が籠もる中国東北部の旅順要塞でした。

 西南の役を体験して右脚の膝から下を失い、日清戦争後の台湾の人々を知った菊次郎はどのような思いでこの時代の流れを見ていたのでしょう。

 同年7月、東京の寅太郎宅に滞在している時に、ある人物が菊次郎に会いに来ました。当時京都市長を務めていた内貴甚三郎です。内貴は京都の呉服問屋「銭清」に生まれ、京都市会議員を経て、明治31年(1888年)に初代民選京都市長に就任した人物です。彼は衆議院議員選挙に出馬するにあたり、なかなか実現できずにいた京都市の都市整備事業を実行出来る後任者を探していました。前京都府知事であった貴族議員の北垣国道に相談したところ、北垣の旧知の貴族院議員、九鬼隆一が菊次郎を推薦したのです。九鬼は菊次郎の在米大使館時代に公使を務めており、菊次郎の人柄や能力を買っていました。また菊次郎はまだ40代前半にして抗日運動の激しかった台湾での行政経験があります。更に外務省出身で同郷の出身者が各省庁に多く、大山巌元帥という中央へのつながりがあるにも関わらず、特定政党に属していません。この政党色がないということが内貴にとって一番の決め手でした。

 というのも内貴の目指した都市整備事業はかなり大掛かりなものであり、利権を取り沙汰される可能性が高い。だからこそ京都に縁もゆかりもない菊次郎を気に入ったとも言えます。それほどこの事業は大規模なものでした。

西郷邸跡 志を受け継いだもう一つの「西郷伝」
西郷隆盛と菅実秀が対話する「徳の交わり銅像」

 幕末の戊辰戦争後、京都は昔ながらの町のまま産業化により人口が増大。人が多くなるほど井戸からの地下水供給量は不足し、道幅は狭いのに人通りが多く、近代化しなければならないのに電力の敷設はままならず、といった状況であり、「琵琶湖から更なる上水道を引く」「電線の敷設を拡大する」「運搬と人の流れを改善するための道路拡張」という内貴の描く都市整備は優先すべき事業でした。しかし、試算してみたところ京都市税収の数十年分という余りにも莫大な予算が必要と判明し、議会も市民もそんなことは不可能と考えていたのです。とは言えいつまでもそんな調子では一向に改善出来ない。内貴はそんな京都市の窮状を菊次郎に説明しました。宜蘭の場合は一からの近代的街づくりであり、ある程度の強制力がありました。しかし今回は1100年の歴史を持つ都。市議会も住民も、何世代にも渡って住んできたという自負が強い。議会との衝突は内貴同様、目に見えています。凡人であれば尻込みするような役目でしかありません。それにも関わらず、菊次郎はこの内貴の依頼を承諾。

 菊次郎43歳。再び、大きな試練が始まろうとしていました。


◯参考文献
「西郷菊次郎と台湾 父西郷隆盛の「敬天愛人」を活かした生涯」(佐野幸夫著:文芸社)


machi-iro magazine #54 掲載

その六

撮影:惠 枝美

明治35年(1902年)、12月。
菊次郎は生まれ故郷である奄美大島の龍郷にて、夏に急逝した母愛加那の墓前に。

菊次郎台湾記念碑
西郷庁憲徳政碑(台湾 宜蘭市)

 6月に叔父従道が亡くなり、9月には母までも鬼籍の人に。今まで片脚を失い、父を失い、幾度も辛い時期を乗り越えてきた菊次郎でしたが生母の死の衝撃はあまりに大きく、宜蘭支庁長の職を辞任し、日本へ帰国する事となりました。宜蘭の人々は菊次郎との別れを惜しみ、後に宜蘭川堤防の西郷庁憲徳政碑建立へと至ります。

 墓前で思うのは亡き父、隆盛が最期に残した言葉。

 「親に孝養を尽くせ」と父は言い残したのに、自分は亡き母に何をしてやれたのだろうか。宜蘭の行政が軌道に乗ったらまた奄美の母のところに寄ろうとは考えていたものの、今となっては母を優先しなかった事が悔やまれるばかり。特に妹菊草(大山菊子)の家庭の状況に関しては、母に心配をかけてはならぬと考えてあまり伝えてはいなかったものの、義理の弟である大山誠之助の素行が悪く、到底幸せに暮らしているとは言えないものだったのです。

菊次郎・菊草家族写真

 菊次郎と同じく父隆盛と母愛加那の間に生まれた菊草は、明治9年(1876年)に13歳で鹿児島の本家に引き取られ、以降、実母に会うことはありませんでした。

 明治12年、菊草は許嫁であった父隆盛のいとこで、13歳年上の大山誠之助と結婚。誠之助は大山巌元帥の弟でありながらも西南戦争では薩軍の小隊長として参加していました。

 途中、負傷して官軍に捕らえられた際に、大山巌の実弟と思われたくなかったがためか大山新助と名乗り投獄されてしまいます。ところがこの名乗りが刑を軽くするための改名と思われ、後々まで薩軍の仲間にそしられる原因となってしまいました。

 元々は弓道の矢を造る特技の持ち主でしたが、赦免されてからというもの殆ど仕事をせず酒をあおり、妻の菊草に手を上げる始末。菊草との間には米子、慶吉、綱則、冬子と四人の子供に恵まれたものの、兄の威光で借金を繰り返します。当初、誠之助・菊草夫妻と共に鹿児島の大山家で同居していた大山家の長男・大山成美の未亡人で、西郷隆盛の実の妹である安子も、明治22年に娘を連れて東京の大山巌邸へ移ってしまいました。

 明治26年1月5日、大山巌は菊次郎宛てに一通の手紙を送ります。「実弟誠之助がまた例の不始末をおこして面倒をかけ実に面目ない。有馬様(有馬糺右衛門=大山巌の姉・国子の夫。西郷小兵衛の未亡人松子の父)、お安様(安子)に明朝集まってもらい相談する。西郷家は沼津(の別荘)に行っていて留守なので帰京次第相談するつもりだ」という内容でした。この後、誠之助の借金を清算するために鹿児島の大山家の屋敷は処分することとなり、愛加那が亡くなった明治35年当時、菊草は東京にて大山巌の援助の下、結婚生活を続けていました。

 当時既に名誉を回復した西郷隆盛の娘であり、海軍大臣の姪であり、陸軍元帥の弟に嫁いだと聞けば、傍目には「あんな南方の辺鄙な島の出身でありながら、なんと恵まれた女性」と思われたかもしれません。しかし実際には、父と言えど顔をあわせることが出来たのはわずか1年ですぐに死別、17歳で嫁いでからというもの、血の繋がった兄は鹿児島どころかほとんど国内におらず、夫は頼りにならず、幼い子供たちを抱えての孤独な生活であったと思われます。

 このように書くと夫である大山誠之助が相当な悪者であるようにも感じられますが、もしも大山家・西郷家が、明治期においてこれほど優秀な人材を幾名も輩出していなければ、誠之助の人生も違ったものになっていたのかもしれません。

菊次郎相関図

 実兄は陸軍大将、いとこ隆盛は誰もが知る維新の傑物、その弟の従道は日清・日露戦争で連勝した海軍大将、義理の弟の菊次郎は片脚が不自由ながら外務省・台湾総督府・宜蘭庁長と、人に求められる以上の手腕を振るう並外れたエリートばかり。一方、誠之助はと言うと、西南戦争で高い理想を掲げて参戦したはずが、気がつけば時代の波に取り残され、他の兄弟縁者との差は開くばかり。

 そんな孤立感が誠之助を自堕落な生活へと溺れさせていったのかもしれません。

 これまでの記述で菊次郎を「偉大な父と親戚の七光でうまく出世した」と考える人もいるかもしれませんが、誠之助の存在は、むしろそのような七光は役に立たない時代であったという証明ではないかと思われます。七光でどうにかなるのであれば、誠之助がこれほど堕落の一途を辿ることはなかったでしょうし、菊次郎が反日感情渦巻く台湾へ赴任することもなかったでしょう。安全地帯である東京の官公庁で勤務が続いたはずです。

 西郷菊次郎と大山誠之助。共に薩軍として戦った二人でしたが、その後の25年の歳月は、二人の人生を大きく隔てたのでした。


◯ 協力
龍郷町教育委員会 「西郷隆盛と菊次郎展」記念誌
◯ 参考文献
「西郷菊次郎と台湾 父西郷隆盛の「敬天愛人」を活かした生涯」(佐野幸夫著:文芸社)
◯ 参考ウェブサイト
「西郷隆盛の妻、および西郷家の女性たち」


※まち色編集局より
当サイトの西郷 菊次郎・菊草兄妹とその家族の写真と、西郷 菊次郎 相関図は、著作権を龍郷町教育委員会が有しているため、私用・引用を含む全ての無断利用を禁止します。
使用許諾の問合せは龍郷町教育委員会 0997-69-4532 まで。


machi-iro magazine #53 掲載