奄美博物館

奄美で唯一の総合博物館

奄美大島を中心に奄美群島の自然・文化・歴史について多数の資料を展示しています。

 

奄美博物館とは

1987年(昭和62年)7月1日に奄美歴史民俗資料館として開館し、1990年(平成2年)7月1日名瀬市立奄美博物館、2006年(平成18年)3月20日奄美市立奄美博物館と名称を変更し、現在にいたっています。

奄美博物館は「黒潮の流れに生きる」を展示の基本テーマとして、導入展示(1階)・人文系展示(2階)・自然科学系展示(3階)・野外展示・企画展示を柱としています。また、これらの展示活動とともに講演会等の開催及び各種講座を実施し、積極的に館外活動を行い、学校・社会教育との連携を図り、市民一般はもちろん、奄美を訪れる人々に対し、内容の濃い情報を発信するよう努めてまいりたいと思っています。

※奄美市公式ウェブサイトより引用
https://www.city.amami.lg.jp/bunka/kyoiku/bunka/hakubutsukan/shokai.html

 

1階 導入展示

上:クバヤ(ナガクチャ、八尋舟)/下:クリ舟とイタツケ舟

 

江戸時代に描かれた地図(琉球國大島絵図)と地形模型

目録では、NHK『ネーミングバラエティ 日本人のおなまえっ!』で話題になった「鬼界」の文字が確認できます。

 

島尾敏雄コーナー

作家・島尾敏雄氏とご家族の写真・書籍等が展示されています。

 

小湊フワガネク遺跡群コーナー

小湊フワガネク遺跡群出土ヤコウガイ製貝匙レプリカ等を見ることができます。

 

2階 人文系展示

奄美歴史年表・先史時代・大和朝廷時代・琉球王朝時代・薩摩藩治下時代・明治・大正・昭和(初期)時代・米軍治下時代・復帰運動・住居・生活・農業・山林業・漁業・製糖・酒・服飾・大島紬などが展示されています。

 

3階 自然科学系展示

地質・植物・野鳥・動物・昆虫・病害虫・海・海産貝・陸産貝等が展示されています。

国の特別天然記念物アマミノクロウサギの剥製に直接触ることができるので、ぜひ実際に触ってみてください。

 

入館料
一般 300円/高校・大学生:150円/小中学生:100円
*団体割引(20名以上)等あり

 

入り口正面では、鹿児島県指定天然記念物で捕獲や飼育が禁止されているアマミイシカワガエルを見ることができます。

 

奄美市立奄美博物館

0997-54-1210
奄美市名瀬長浜町517番地
9:00〜17:00(入館は16:30まで)/第3月曜日 年末・年始休館
有り
http://bunkaisan-amami-city.com
https://www.facebook.com/amamimuseum/
https://www.instagram.com/amamimuseum/

 

Pocket
LINEで送る