奄美探訪35-相撲 バナー

奄美相撲新時代

少子高齢化の昨今、競技人口の減少はスポーツ全般に言えることだが、奄美相撲の「今」が気がかりだ。ー奄美探訪

画像奄美探訪ロゴ

島に帰ってから相撲を始めた。高校時代から島を離れた僕にとって、島人になる入口が相撲だった。当時話題になった映画『シコふんじゃった』を地で行くとも言われた。
何だかんだで四十の年まで取り続けた。一人前に怪我もしたし、耳も腫らしたが、その何倍ものご褒美をいただいた。ただ「感謝」しかない。
少子高齢化の昨今、競技人口の減少はスポーツ全般に言えることだが、奄美相撲の「今」が気がかりだ。
いざ探訪-

ちびっ子相撲

奄美探訪35-相撲 ©まちいろ

奄美市スポーツ少年団交歓大会・相撲競技の放送係を務めた。会場は住用体験交流館。通常はバレーボールなどが行われているフロアーは、今朝に限っては移動式の土俵が主役を張っている。多少早めに家を出たつもりだったが、稽古場は四股・すり足に汗を流す少年たちの熱気であふれていた。

相撲競技は、団体戦から個人戦へと進められていく。まずは低学年の団体戦から。先鋒・中堅・大将を、それぞれ1年生・2年生・3年生がつとめる。奄美市という最小単位の大会だが、笠利・住用・旧三方といった相撲どころの看板を背負って、ちびっ子力士が熱戦を繰り広げる様は中々の迫力だ。

子供だからと侮ってはいけない。相撲の稽古は、基本の型と動作を身体に覚え込ませる単調かつ過酷なものだ。雑巾を絞るように全身の力を出し切る、そのつらさは体験した者にしか分からない。会場に集まった選手たちは、そのハードな稽古を日々積み重ねているのだ。

奄美探訪35-相撲 ©まちいろ

仕切りの瞬間は妙に静かだ。澄んだ瞳と瞳が、わずか70cmの仕切り線の間で正対する。小よく大を制する取り組み、土俵際の逆転、見事な投げ技は観客を大いに沸かせる。一方、基本に忠実な取り組みは無駄がなく美しくすらある。知らず知らずのうちに引き込まれていく。

個人戦に入り、未就学児の部から上級生へと取り組みが進んでいく。達者な取り口に舌を巻いたかと思えば、べそをかいて不戦敗を告げられる子も現れて、放送席にいても思わず破顔してしまう。幼い子供の相撲ほど可愛いものはそうはない。僕が大人になって知った楽しみの一つだ。

奄美探訪35-相撲 ©まちいろ

上級生の取り組みは、息を飲む熱戦の連続だ。物言いがつくことも珍しくない。子供たちも保護者も指導者も真剣ならば、審判団も真剣だ。多くが高校・大学相撲部出身で、日本のトップクラスを知る往年(一部現役)の名選手たちだ。熱い伝統は引き継がれていく。

相撲どころ奄美

奄美探訪35-相撲 ©まちいろ

奄美を初めて訪れて、土俵の数に驚く方は多い。学校、集会所、公民館と、奄美の人は何時でも何処でも相撲を取るのだと思うやも知れない。

事実、奄美は全国有数の相撲どころだ。大島地区として参加している鹿児島県民体育大会・相撲競技は、現在十六連覇中。しかも、就職関係他の特殊事情による2位を一年挟んで、十九連覇していたのだから、県内におけるその圧倒的な実力が分かる。

全国大会に行けば、「奄美」と名乗るだけで「こいつ小柄だが曲者だな」と周囲の顔色が変わる。アマチュア横綱に二度輝いた禧久昭広氏を筆頭に、全日本タイトル獲得者多数。

徳之島出身の第四十六代横綱・朝潮太郎から現在に至るまで、千代皇関・里山関はじめ大相撲での活躍も目覚ましく、七月場所では若乃島が龍郷町初の関取昇進という嬉しいニュースをもたらしてくれた。

「大ちゃん」の愛称でおなじみの高砂親方を育てた元近畿大学相撲部監督・故祷厚巳氏を頂点に、全国の高校・大学強豪校で選手や指導者として活躍する者も多い。結果、全国規模の相撲大会会場では、島口が公用語の一つになっている。というのは嘘のような本当の話だ。

大和相撲と沖縄角力

ウチナーチュは、本土の方とは別な意味で、奄美の土俵の多さに違和感を覚えるのだという。現在も盛んに行われている沖縄角力(おきなわずもう。方言でウチナージマ。)には、大和式の土俵が必要ないからだ。

全国で行われている相撲は、大相撲とほぼ同じルールで行われる。すなわち、離れて仕切って、相手を土俵外に出すか足の裏以外の部位を地面につければ勝ちとなる。しかし、沖縄角力では土俵を設けず、相手の帯をつかんだ状態から仰向けに倒すことで勝ちとなる。韓国相撲(シルム)やモンゴル相撲(ブフ)に近いルールだ。

かつて琉球王朝の支配を受け、文化基盤を共有する奄美でもウチナージマが行われていた。むしろ徳之島以南の南三島では、戦後じきまで沖縄式だったと言われている。

大和式の相撲を持ち込んだのは、琉球に続いて支配者となった薩摩だ。役人の影響力が強い奄美大島では間切(地区対抗)相撲が行われていたこともあり、近世末期の1800年代前半には大和相撲が行われていたことが、南島雑話などの資料で確認できる。西郷隆盛が島民に相撲を教えたとも伝わるが、西郷が龍郷に潜居した1859年当時には、既に島民の多くは大和相撲に馴染んでいたものと思われる。

大正期から続いた大島角力協会による協会相撲は、戦後すぐに再開され、昭和31年から35年の間は、奄美大島連合青年団が開催した「若人の祭典」における全郡相撲大会に引き継がれ、県民体育大会へとつながっていく。全郡規模の大会が全て大和式で行われたこともあり、沖縄式からの移行は急速に進み、昭和35年には与論島選手団が参加するに至った。

戦後の急速な大和相撲への移行は、米軍支配から本土復帰へと群島一丸となった運動期、復帰後の「本土並み」を題目とした復興期といった、時代の空気と無関係ではない。大和相撲を被支配と内地志向のシンボルと捉えてしまうのは、少々悲しいが。

奄美探訪35-相撲 ©まちいろ

ただ、前段さんざ自慢したように、島人のDNAが相撲競技に高い適性を有しているのは間違いない。電気楽器を得たジャマイカ人が、レゲエミュージックを築き上げたように、当初は大和相撲を「与えられた」格好の島人が、むしろ自家薬籠中の物として全国を席巻するとは、何とも痛快ではないか。

ちなみにウチナージマは、三本勝負で行われる。経験している島人は多いと思うが、奄美の集落相撲にも三本勝負が残っている。かすかな名残ではあるが、琉球文化とのつながりを今に伝える伝統だ。

奄美相撲新時代

奄美探訪35-相撲 ©まちいろ

奄美社会人相撲大会が熱い。いや「大変なことになっている」と言った方がいい。今年で五回を数える同大会は、前回から正式種目となった女子の部参加者数が、男子に迫る勢いで、会場には多くの観衆が詰めかけている。

奄美を代表するエリートスポーツとして、選ばれし者の「競技」となりつつあった相撲が、黒山の人垣を成したという祭典相撲当時の熱を取り戻しつつあるかのようだ。

「『土俵に上がりたい』という気持ち」を最優先に考えていると語るのは、仕掛け人・内堀亮太だ。性別・体重別のクラス設定。軽量級と重量級の統一戦。ガッツポーズの推奨。一見プロレス興業的な要素を散りばめながら、一人三回は相撲を取れるようにと細心の気づかいを忘れない。

また、相撲にかける選手たちの気持ちに、浮ついた所は見当たらない。社会人として忙しい日々を送りながら、大学相撲部出身の内堀らの胸を借りるべく、うどん浜公園はじめ各所の道場に通い詰める者が、後を絶たない。

奄美探訪35-相撲 ©まちいろ

相撲に限ったことではないが、「力」とは上から下へ、中央から地方へ、強者から弱者へと向かうものだと思っていた。しかし、内堀は自ら素人力士の中に飛び込んで、彼らの情熱を受け止め実現してきた。ピラミッド型からウェブ(クモの巣)型へ。近年の関係性のあり方が、まさに支持されている格好だ。

低迷する業界を変革するのが、たった一人のスターだったりする。例えば女子ゴルフは、宮里藍の登場から何もかもが変わった。そこには好敵手の存在があり、無名の裏方や先人たちの長年にわたる貢献があったとしてもである。

正直、僕は驚いている。女子相撲が成立すること自体に。過去、オリンピック正式種目を目指す新種目として、奄美の相撲連盟でも「新相撲」の普及を目指したことがある。女子柔道選手を中心に声かけしたものの、話は進まず。女性は相撲を取りたがらないものと、関係者の1人として僕もそう思い込んでいた。

奄美探訪35-相撲 ©まちいろ

そんなオジサンたちの既成概念をぶち破ったのは、「まちゃこ」という長崎出身の女の子だ。豪快な体躯と可愛らしすぎるキャラクターのギャップは激しいが、本物のアスリートとしての肉体とメンタルを備えた人物と知った。

「もっともっと練習したい」という彼女は、現在、大会2連覇中だ。カヌーの世界でトップを知るフィジカルに加えて、押し相撲の基本を大事にする心構え。加えて、周囲をハッピーにせずにはおかない底抜けの笑顔と細やかな心配り。そして、人の心に眠る情熱に火をつける不思議な魅力で、これからも女子相撲界を引っ張っていってくれるだろう。

奄美探訪35-相撲 ©まちいろ

今回の大会に出場した、朝日小学校4年生の徳田蒼君とお父さんにお話をうかがった。蒼君は、決してずば抜けた体格の持ち主ではないが、素晴らしい運動能力と抜群の勝負勘を持つ、将来を嘱望される選手だ。

五月に行われた「わんぱく相撲奄美大島場所in伊仙」では、優勝して見事全国大会への切符を手にしている。全国の強豪に挑む夏が、蒼君を待っている。舞台は両国国技館だ。

週五日は稽古しているという蒼君は「相撲が好きだ」と目を輝かせる。相撲の稽古はきついと思うんだけど何が楽しいの?と聞いた。「勝つところ」と素直に応えてくれた。相撲は楽しいよな、と心の中でつぶやいた。

相撲は、まわし以外何一つ道具の要らない、最もシンプルなスポーツだ。自分をさらけ出して相手にぶつかるだけに、相撲を取った相手はもちろん、稽古や大会で一緒になるだけで仲間になれる

「稽古の時まで勝ち負けにこだわりすぎる。もっと基本を研いて欲しい」というお父さんは、自慢の息子に厳しくも優しい眼差しを向けている。相撲道を共に精進した父子の絆には、今後も何の不安もないだろう。

僕が共に稽古した息子も、今や大島高校で甲子園を目指す日々だ。蒼君とうちの息子とでは全くレベルも違うが、それだけに日々の稽古から遠征のサポートまで、ご両親のご労苦いか程かと思う。汗まみれの輝かしい日々を思い出し、徳田さん親子がまぶしかった。

奄美探訪35-相撲 ©まちいろ

2020年、鹿児島国体が開催される。相撲競技の会場は、ここ住用体験交流館が予定されている。もちろん「相撲どころ奄美」の輝かしい実績が評価されてのことだ。

六年後には、蒼君はじめ本大会に出場した子供たちが、国体少年の部の選手となる。青年・成年の部も強化が進み、鹿児島(≒奄美)代表が、天下にその実力を改めて知らしめることになろう。

今月には、相撲をテーマにした外国映画の奄美ロケも行われる。世界自然遺産登録を契機に、奄美に向けられる関心はよりグローバルなものになる。今に生きる奄美の伝統文化として、島人自身が奄美相撲の価値を再認識すべきと思う。

奄美の相撲はどっこい元気だ。

参考図書:津波高志著『沖縄側から見た奄美の文化変容

フォトギャラリー

この記事は平成26年10月発行のマチイロマガジン35号より転載しました。