奄美大島のリゾートホテル NEST AT AMAMI BEACH VILLAS

ネストアット奄美ビーチヴィラ写真

山下保博Xアトリエ・天工人設計による奄美大島のリゾートホテル
NEST AT AMAMI BEACH VILLAS完成

 

建築設計事務所アトリエ・天工人(東京都渋谷区)の代表取締役、山下保博が故郷の奄美大島に設計したリゾート施設 NEST AT AMAMI BEACH VILLAS(ネストアット奄美ビーチヴィラ)が完成しました。

 

 

 

空と海の間にあるリゾート・ヴィラ in 奄美大島

このリゾート施設は、私の故郷である亜熱帯気候の奄美大島にある。

奄美大島は沖縄と鹿児島県のほぼ中間に位置している。独自の文化と自然を何千年も維持し、近々世界自然遺産にも登録されようとしている奄美群島最大の島で、約6 万人の人口である。交通の便は良く、一日に往復で44 便も飛行機が発着する。

文化は、琉球王朝時代、薩摩藩時代で培った唄や踊り。アマミノクロウサギに代表される森の自然が豊かで、美しい砂浜とサンゴの海に囲まれている。

主な産業はサトウキビとフルーツで、昔は泥染めによる大島紬が基幹産業だった。手付かずの自然も多く残っている一方で、本格的なリゾート施設は無かった。

2015 年3 月からリゾート施設にふさわしい敷地探しを私が自ら行い、2016 年8 月から着工し2017 年11 月に竣工した。計画概要は、レストラン、レセプションを含んだ管理棟、温水プール付きの高級ヴィラ3 棟、二室連携のヴィラ10 棟(合計20 室)、以上3 タイプの施設で合わせて14 棟(合計23 室)の建物からなるリゾート施設である。

建築家 山下 保博 氏

 

 

写真提供:株式会社アトリエ・天工人

奄美群島にこれまで無かった、ゆったりとしたヴィラ形式の宿泊施設。

建築の形態や配置はもちろんのこと、素材までも地元産木材の新しい活用法を研究・開発するなど、奄美の風土と歴史を最大限に生かした設計となっています。

 

 

・物件紹介ページ
http://www.tekuto.com/works/nest_at_amami_beach_villas

・設計プロセス
http://www.tekuto.com/story/nest_at_amami

 

NEST AT AMAMI BEACH VILLAS

鹿児島県大島郡龍郷町芦徳800
0997-55-4066
http://www.nestatamami.com
https://www.facebook.com/nestatamami/
https://www.instagram.com/nestatamami/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう