八月踊り

泉和子 エッセイ 八月踊り

島の夏はもうすぐ、祭り一色に盛り上がる。

八月踊りは、奄美大島、加計呂麻島、与路島、請島、喜界島、徳之島で踊られる民俗舞踏である。旧暦八月に行われる祭りや行事に踊られる踊りだから、そう呼ばれた。以前は、1年の重要な折目行事のミハチガツにあたる旧暦八月のアラセツ※1のツカリ(前日)から踊りが始まり、シバサシ※2に踊られ、ドンガ※3は踊り収めであった。現在は、それより前に行われる各市町村の夏祭り、送り盆の後や十五夜、豊年祭、クガツクンチなどで踊られ、場合によっては、いろんなイベントなどでも踊られる。八月踊りは、必ずしも八月のものと言えなくなってきている。

古くから島の人々は、踊るという原始的な感情表現で、収穫を終え新しい年が始まる行事に合わせ、先祖の霊をまつり、収穫への感謝と祈願をしてきた。1期作の頃の奄美では、ちょうど米の収穫期に当り、1年の折目(夏正月)と意識される季節であった。稲作衰退などにより、祭りの様式や八月踊りの踊られる時期は変容してきたが、大切に先祖が伝えてきた無形の伝統文化として、その形態や呼称を今に留めている。



八月踊りは、円陣を作って琉歌を男女が交互に掛け合いで唄いつつ踊る集団舞踏であるが、まず、元唄の歌詞を唄って、それに続いて共通歌詞を唄いついで1曲を終わる。集落や各家の無病息災を祈願するヤーマワリ(家廻り)は、1軒1軒ではなく、数軒をまとめて踊り、踊りの合間に集落や郷友会の浄財となるハナ(寄付)の披露などもするのが現在のパターンである。

そんな八月踊りは、いつ頃、何処から伝えられ、始まったのであろう。小川学夫氏(シマ唄研究)が1982年、瀬戸内町蘇刈の勇福哉翁(当時94歳)が小さいとき祖父から聞いたという話を聞き書きしている。「島津の時代、赤木名に観音寺がおかれ、仮屋があった。そこが火事になり、丙の日に火がつき、壬の日に消えた。その時から八月踊りをすることになった。ー略ー八月踊りの中に出てくるヤーオセオセという囃子言葉は、シバで押さえて火を消したという意味。」※4だという。また、承知元年、層俊寛が鬼界ヶ島で死去した年の翌年、承知2年の7月15日夜、島民が俊寛を祀る社殿の庭に集まって焚火を焚いて踊ったのが始まりという記録(茂野幽考『奄美大島民族誌』)もあるが、定かではない。

近年は、集落人口の過疎や高齢化などにより、各集落の八月踊りが衰退しつつあるのが現状である。一方、名瀬のまちでは、奄美祭りやアラセツの頃に各集落出身の名瀬在住者によって組織される郷友会により、市内の公園や広場などで出身集落の応援も貰って八月踊りが踊られている。その保持、継承はなかなか難しい。各郷友会で、若い人の確保や踊り方より歌詞を覚えられない、方言で唄えない、男女の唄の掛け合いが出来ないなどの問題を抱えているのが実情だ。世代を超えた老若男女が八月踊りを踊り、太鼓や唄、踊りを未来へ継承していく姿は、何にもまさる島の宝である。

八月踊りが踊られる空間では、たいてい島料理と黒糖焼酎が振る舞われる。島の貴重な伝統文化を堪能出来る絶好のチャンス。今まで機会のなかった皆さん、ぜひ、思い切って、賑やかな集団の輪の中に飛び込んでみてください。稀有な体験型観光を満喫できることでしょう。

 

※1アラセツ(新節。旧暦八月最初の丙の日。)
※2シバサシ(柴挿し。アラセツから7日目の壬の日。)
※3ドンガ(シバサシ後の甲子の日。かつては、改葬が行われた。)
※4『奄美民俗ノート』1982№6・7合併号

このエッセイは、2017年8月発行のマチイロマガジン46号より転載しました。

奄美の料理愛好家。調理師。奄美郷土研究会会員。奄美の料理とその背景文化を紹介している。著書『心を伝える奄美の伝統料理』ほか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう