高千穂神社(古仁屋)

 –マチイロマガジン42号 奄美大島観光物産協会プレゼンツ「神社めぐり2」より

鹿児島の霧島神社から分祀された神社で、御祭神は瓊瓊杵尊(ににぎのみことみこ)と、応神天皇の二柱です。
創建年代は不詳ですが、現在の社は3代目のもの。町内の総氏神として崇敬を集めています。昭和天皇など皇室の御親拝も度々あり、行幸記念碑が残されています。
境内からの眺めも良く、古仁屋の街や大島海峡、加計呂麻島を見渡せますよ。

手水舎

高千穂神社には手水舎があるので、手水で身を清めてから参拝しました。

高千穂神社(古仁屋)手水写真

手水で身を清める

手水のさほうはこちらをご覧ください。

参拝

お賽銭を入れます。
お賽銭写真

鈴を心を込めて優しく鳴らします。
鈴緒

礼をします。
参拝

参拝について、詳しくはこちらをご覧ください。

鳥居ジャンプ

鳥居を出てから一礼をしたら、記念の鳥居ジャンプで記念撮影!

鳥居ジャンプ

高千穂神社(古仁屋)

高千穗神社(古仁屋)

所在地:鹿児島県大島郡瀬戸内町古仁屋868
例祭日:旧9月19日

 次へ進む
前に戻る 

 


PAGE TOP