大熊龍王神社

珍しい神社

こちらが大熊龍王神社の入り口です。

大熊龍王神社鳥居写真

早速登ってみましょう。

大熊龍王神社階段写真

この大熊龍王神社は、同じ建物に神社と観音堂があるとても珍しい神社です。

薩摩藩統治下時代、代官所(仮屋)は数回にわたって交互に赤木名(笠利町)と大熊(名瀬市)とを配置替えが行われました。寛政13年(1801)に赤木名から名瀬に代官所が移された際、それに伴って観音堂も移されるものと思われていましたが、赤木名からなかなか移されませんでした。

大熊龍王神社・観音堂に安置されている坐像写真

大熊龍王神社・観音堂に安置されている坐像

文政2年(1819)にようやく赤木名から名瀬の伊津部に観音堂が移されました。ご神体の観音坐像と弁財天坐像は、現在大熊の龍王神社に安置されており、平成10年9月に市指定文化財となりました。

奄美市ウェブサイトより引用
→ 引用元

パワースポット

写真の、手水舎にある龍神水の龍の玉を優しく撫でると幸せが訪れるとか。

龍王神社龍神水写真

ぜひ一度お試しください。

鳥居ジャンプ

鳥居を出てから一礼をしたら、記念の鳥居ジャンプで記念撮影!

鳥居ジャンプ

※撮影の際は他の方の迷惑ないならないようご注意ください。また、くれぐれも無理はなされないように。

大熊龍王神社

大熊龍王神社全景

 

 


PAGE TOP