有良厳島神社

—有良厳島神社ご神体の石祠と恵比寿像は、名瀬間切瀬師々子村(現在の龍郷町龍郷)の荻(黍)横目(地方役人)の佐喜美が享保3年(1718)に寄進したものである。奄美における歴史の裏付け資料として貴重なものである。また、民俗文化財としても価値の高い資料である。

有良厳島神社のご神体
有良厳島神社のご神体

奄美市ウェブサイトより引用
→ 引用元

参拝

有良厳島神社手水舎写真

手水舎で手を清めて、二礼二拍手一礼で参拝。

有良厳島神社参拝写真

見所

社殿裏の杜には神秘的な世界が広がります。

有良厳島神社の杜写真

鳥居ジャンプ

鳥居を出てから一礼をしたら、記念の鳥居ジャンプで記念撮影!

有良厳島神社鳥居ジャンプ写真

※撮影の際は他の方の迷惑ないならないようご注意ください。また、くれぐれも無理はなされないように。

有良厳島神社

有良厳島神社社殿写真

 

 

Pocket
LINEで送る

PAGE TOP