有盛神社

平家落人伝説の地

平重盛の四男で平清盛の孫、平有盛を祀ったと言われる神社です。

有盛神社

有盛の家来随一の力持ちが投げたといわれる「力石」。子供のお宮参りの際はその石の上を這わせたと伝わります。

境内には階段を登り、石段を登っていきます。

有盛神社にあるご神体の石造弁財天像は、奄美市の有形文化財に指定されています。

tanbo-28-38

—平家伝説と密接に結びついた神社。そのご神体の仏像は、航海安全のために寄進されたもので、秀逸な彫出技術が認められる。また、神社一帯の森林は、亜熱帯的な林相を代表する典型的なものである。

壇ノ浦の戦い(1185)で源氏に敗れた平氏の残党が落ち延びてきた、という伝承が奄美の各地に数多く残っている。平行盛(たいらのゆきもり)、平有盛(たいらのありもり)、平資盛(たいらのすけもり)は、最初は喜界島に逃れ、後に大島にわたってきた。行盛は龍郷町戸口に、有盛は名瀬の浦上に、資盛は瀬戸内町加計呂麻島の諸鈍に居を構え、家来を各地に配備し、源氏の追随に備えていた、との伝承がある。
この3箇所の地には、3人を祀った神社が建立されてい。(行盛神社、有盛神社、大屯神社)
有盛神社には、薩摩藩の役人・田代清方(たしろきよかた)が航海安全を祈願したご神体(石造弁才天像)を寄進しています。また、境内の奥地・丘陵の頂上付近には、大島代官・肥後翁助(ひごおうすけ)が文化13年(1816)に寄進建立した平有盛の墓碑があります。

奄美市ウェブサイトより引用
→ 引用元

tanbo-28-7

大島代官・肥後翁助が文化13年に寄進建立した平有盛の墓碑。

貴重な板絵

社殿には見目麗しい武者が、怪しげな敵に弓を射ようとする姿が描かれた大変貴重な板絵が収納されています。

tanbo-28-4

※通常社殿内部は非公開です。

参拝

二礼二拍手一礼で参拝。

鳥居ジャンプ

鳥居を出てから一礼をしたら、記念の鳥居ジャンプで記念撮影!

鳥居ジャンプ

※撮影の際は他の方の迷惑ないならないようご注意ください。また、くれぐれも無理はなされないように。

有盛神社

所在地:鹿児島県奄美市名瀬浦上町43

関連記事

 

 


PAGE TOP