記事

大人も子供も大満足♪安心・安全の島フルーツ&食材!『それいゆファーム』

 泥ぬマコの笠利めぐり

空港から国道沿いに進み、赤尾木の信号が見えてきたら……ラフォンテよりも手前の角を左折。道なりに行くと右手に見えるのが『それいゆFarm』です。




つい最近ランチを始めたとの情報を聞きつけ、お邪魔しに行ってみました!

 

先月オープン!こだわり食材で作るランチメニュー

それいゆファームのカフェ、『Healthy Island cafe(ヘルシーアイランドカフェ)奄美店』がオープンしたのは2014年の11月。ちょうど1年前ほどのこと。そして今年の10月、ついにランチ営業がスタートしました!

カフェの名前が示す通り、食材にはこだわりが強いようです。それいゆファームで採れた有機栽培の素材、そして信頼できる契約農家さんの作物を使った料理を提供しています。

また、島に古くから伝わる薬草も使い“健康”を意識したメニュー作りを行っているのです。

カフェのおすすめメニューはフルーツカレー、ロコモコ、そしてタコライス! 一体どんな秘密が隠されているのでしょうか?

【フルーツカレー】

 泥ぬマコの笠利めぐり

名前を聞くだけで、ちょっと気になる存在のフルーツカレー。ルーにはマンゴーやパッションなど、奄美の果物がたっぷりはいっています。 さらには、よもぎ、ハンダマ、長命草などの自家栽培した薬草も。ピリリと効いたスパイスも、一部は自家製のものを使用しています。

名前の響きとは裏腹に、意外とスパイシーな味のカレーです。とはいえ、後味はフルーツの風味がふわっと漂い、辛い物が得意でなくても大丈夫。ご飯の上にふりかけたパパイヤとたんかんの皮が、爽やかなアクセントになっています。

一緒に飲むなら『パッションフルーツスムージー』がおすすめ。と、シェフの大瀬さん。 「カレーにもたっぷり入っているパッションフルーツ、そして豆乳が口の中をマイルドな印象にしてくれますよ。」

【ロコモコ】

 泥ぬマコの笠利めぐり

ごはんの上には、やぎミルク入りの肉厚ハンバーグ。トロリとかかっている自家製のデミグラスソースは、なんと丸1日煮込んで作っているそうです。

そして一番上にのった半熟目玉焼き。とろりとした卵の黄身とデミグラスソースのハーモニーがいいですね。

【タコライス】

泥ぬマコの笠利めぐり

名瀬でお店を開いていたというシェフご自慢の一品!それいゆファームで作られている、やぎチーズが振りかけられています。

ピリ辛なお肉とシャキシャキレタス、そしてトマト。食べるごとに口の中で混ざり合い、無言で食べ進めてしまいました。

 

冬はホットスムージーでほっこり・まったり

泥ぬマコの笠利めぐり

ここでは、珍しいホットスムージーをいただけます。奄美といえど、冬はやっぱり肌寒い。こらからの季節、体の芯からあったらまるホットスムージーは嬉しいかぎり。

ホットいっても熱々ではありません。ヘルシーアイランドカフェではフルーツの酵素が壊れないよう、温度は必ず60度以下で作るよう徹底しているのです。

また、ホット・アイスに関係なく、スムージーは高速回転する特別なミキサーを使用して作られているんだとか。ミキサーの回転が早いと、果物の栄養素をそのまま取り入れることができるそうです。なるほどー。

では、お店で人気のスムージーをご紹介しましょう! まずはホットから。

泥ぬマコの笠利めぐり

【たんかん&アロエベラ】(写真右)

ビタミンCたっぷりのたんかんと抗菌作用のあるアロエベラ、そして体を芯からあたためるジンジャーをプラスしたスムージー。 とろっとしており、内側からあたたまる感じです。優しい甘みのはちみつも入って、喉にもよさそうですね。

【プラナスTea】(写真左)

すももジャムの色が美しい、ヨモギ入りスムージー。下に沈んだ果肉をかき混ぜながら飲みましょう。ほどよい甘さでほっこり。

続いて定番の、冷たいスムージー。

【ドラゴン&パッションフルーツのスムージー】

泥ぬマコの笠利めぐり

海外でも注目されている健康フルーツ・赤いドラゴンフルーツと、パッションフルーツ、ハンダマ、ヨモギが入ったヘルシースムージー。 パッションフルーツの爽やかな酸味が口に広がると同時に、薬草やドラゴンフルーツが絡まり合い、未経験の味ながらクイクイ飲める味です。

 

大人気!やぎミルクのソフトクリーム

泥ぬマコの笠利めぐり

やぎのミルクは人間の乳に近く、アレルゲンがありません。消化にもよくダイエットにもうってつけなんだとか。

でも、ちょっとクセがありそう……

と思いますよね?それが驚き、まったく臭みもクセもなく、濃厚なのに後味さっぱり。これ、本当にやぎなの?と思わせる味わいです。 コクがあるのにしつこくない、なんとも不思議なアイスクリーム!ぜひご賞味ください。
※ソフトクリームはやぎミルク100%ではりません。

 

超レア生物!絶滅危惧動物に会える!!

それいゆファームでは、世界的にも珍しい絶滅危惧動物に会うことができます。国が保護した動物たちを、政府の認可を受けて飼育入しているそうです。

大きなリクガメやオウムなど、めったにお目にかかれない動物たちを間近で見るチャンス!おとなしくかわいい動物たちなので、子供も大喜びでしょう。

 

試行錯誤を重ね成長中の牧場&農場

別の場所にある牧場や農場も見学させていただきました。

まずはやぎの牧場。広い敷地に、のびのびと草を食んでいるやぎさんたち26頭。

「彼、彼女たちには一頭ずつ名前がついているんですよ。出産などに立ち会うと、とても愛おしく感じますね」

園長の清田さんが笑顔で語ってくれました。

やぎさんの餌タイムが始まったので、お次は農場見学です。 それいゆファームでは、とにかく無農薬・有機栽培にこだわっています。全ての食材を自家農園でまかなえるようにするのが目標とのことで、まだまだ試行錯誤の最中なんだとか。

ハウスや畑の横には、蜂の巣箱がありました。主に西洋ミツバチを飼育しているそうです。

フルーツ、ハチミツ、そしてやぎミルク。それぞれしっかりとした信念とこだわりのもと、安心して食べられるもの、健康なものを目指して育てていました。

 

食の安全を大切にして、奄美を盛り上げたい

社長の勝島さんがそれいゆファームを始めたのは5年半前。

「奄美大島の良さを広め、人を呼び、盛り上げたいという思いが強かったんです。そして、食の安全の大切さ、動物に対する愛情、そんな気持ちが混ざりあってできたのがソレイユファームです。」

そんな気持ちで、まずは養蜂からのスタート。東京で経営コンサルタントをしていた勝島さんが、養蜂を選んだきっかけは、島で養蜂している人が少ないという点、そして気候も適しているという点がだったそうです。そして今では、果実の有機栽培、酪農、カフェと着々と活動を拡げています。

紆余曲折の5年間。そんな中で痛感したこと、そして今後について 「やっぱり、生き物に対する愛情が大切なんですね。僕も含め、経験者も未経験者もみんなで一緒に模索しながら進んできました。これからは、もっと未来に向けた提案をみんができるようにしていきたいですね。」 と語ってくれました。

今後はマザー牧場のように、“みんなが楽しめる牧場”を作りたいという勝島さん。

「奄美は海を目当てに観光に来る人が多いでしょ?でもね、雨の日も多いんですよね。だからね、雨の日でも海以外に楽しめるスポットを作りたいんですよ。」

まだまだ、彼の頭の中には楽しい構想があるようです。今後の展開にも要注目ですね!

 

それいゆファーム

泥ぬマコの笠利めぐり

それいゆファーム

http://soleilsmile.com/

Healthy Island cafe(ヘルシーアイランドカフェ)奄美店

https://www.facebook.com/amamimoo/
営業時間:11:00~18:00
定休日:不定休
住所:鹿児島県大島郡龍郷町赤尾木1346番1
TEL:0997-69-4802
FAX:0997-69-4803

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


The following two tabs change content below.
泥ぬ マコ doronu mako
奄美市笠利町で夫、娘、犬とともに暮らす34歳。奄美大島に移住して4年目に突入。お店・企業・場所など気になるところにお邪魔しては、あれこれと聞きだし記事にしています。人の生き方、仕事の仕組み、考え方などなど、自分の知らない世界を知りたいと思っています。 フリーランスでライター・編集・画像作成などを請け負い生活中です。ホームページやブログの記事作成、PR文章、コピーライティング、LP、編集、企画・構成、台割・ラフ、チラシ、広告・名刺、ショップカード、バナー・などなど何でもお仕事募集しています!お気軽にご連絡ください。

関連記事一覧

  1. 奈良郷志さんの健康茶
  2. 赤木名キムチ工房バナー写真
PAGE TOP