記事

ほんわか笑顔に包まれる♪ココロ晴れるパン日和『晴れるベーカリー』

笠利町用安、ばしゃ山村にほど近い場所に今年3月オープンしたのは『晴れるベーカリー』。
国道を走っていると、青空に映える白いのぼり。気持ちよさそうにはためいています。

hareru_001

のぼりを目印に小道に入れば、白く可愛らしい建物がお目見え。
ウッドデッキには休憩するためのイス&テーブル、そしてカラフルなハンモックが!
これは入る前からワクワクが止まりません。

ガラスの扉を開けると——




パンのいい匂いに包まれて、幸せな瞬間。
ショーケースの中には、可愛くておいしそうなパンがズラリ。
よくよく見るとネーミングや形もおもしろくて、思わずウキウキします。

「ボルケーノ」(火山という意味)と「桜島」はチーズの火山があふれだし、「コーヒーブレイク-やまだ-」はコーヒー豆の形!

お店の人気パンは!?

毎日25〜30種類のパンが並ぶ「晴れるベーカリー」。
ご主人が朝3時から作業を始め、続々と新作を作り出しているようです。

hareru_012

実はご主人、前職はパン屋さんでなくチェーン飲食店で働くサラリーマン。
少しスクールに通い、あとは独学でここまで辿りついたんだとか。
何冊も何冊もパン関係の本を読み漁り、研究を重ねる日々。
それでこの味と種類を作り出せるなんて……驚きです!

お店で人気のパンは
・塩バター
・ハチミツとクリームチーズ
・バゲット
などなど。

hareru_010

なかでも特徴的で人気があるのはクリームパンです。
キューブの形が珍しくてキュート。

hareru_011

四角いパンの中には、やわらかくてなめらかなクリームがぎっしり!
これは大人も子供も夢中になること間違いなしの味です。
形が四角いのは、クリームがたっぷり入る形だからなんですって。

普通のクリームパンよりもクリームが甘すぎず、口溶けがフワっとしていて、とにかく絶品!その秘密は、「ご近所のパティシエのたまごさんと共同開発したクリームなので、洋菓子のクリームをそのまま使っている感じです。だからちょっと口当たりが普通のパンとは違うのかも?」
とのことでした。

パン作りのこだわりは、添加物を一切使わず、日本の安心できる素材だけを使って、シンプルに。
ということ。
みんなが安心して食べられるための譲れないポイントなんですね。

hareru_016

 

みんなが笑顔になるのが嬉しい

去年の3月、ご主人の生まれ故郷である奄美大島に戻ってきたご家族。

「パンは世界共通。誰もが笑顔になれて、優しい気持ちになれるから」
とパン屋さんを始めることを決心したご夫婦。

「おひさまの光がさんさんと当たって、とっても気持ちいいから決めました」
とおっしゃる通り、お店の中には柔らかな日の光が差し込んで、フワフワと心地よい雰囲気です。
おまけにお話し上手な奥さん。ついつい話に花が咲いてしまいました。

どんなお客さんが多いのかをお聞きすると、やはりお子さん連れの方が一番多いのだとか。けれど

「近所のおじが作業服のまま気軽に立ち寄ってくれたりするのも嬉しい」
と笑顔を浮かべる奥さん。老若男女問わず、口コミで評判を呼んでいるようです。

それもそのはず、いろんな人が楽しめる工夫がしっかりと凝らされてるんですよ。

 

お母さんに優しいパン屋さん

「小さいお子さんがいるお母さんは、自分でトレーを持ってパンを選ぶタイプだと、なかなかゆっくりパンを選ぶことができないんです。
だから、ショーケースを作ってもらって、ゆったりとお話ししながらパンを選んでもらいたいなって。
お母さんもリラックスできる時間を作りたかったんです。」

そう語ってくれた奥さん。自身も、今年生まれたばかりの赤ちゃんと、お兄ちゃんふたり兄弟のお母さんです。

なるほど、確かにセルフ方式だとパンを選ぶ→トレーに取る→レジでお会計という流れ作業のようになっているし、子供がパンをいたずらしないか心配だし、走り回られて落としたらどうしようと気合が入るし……

しかもお会計の時に話をする機会も少なくなりそうですね。
そこまで考えられていたとは、おみそれいたしました!

おふたりの人柄があまりにほんわかしていて、思わず長話し。
お店に来るお客さんも、ご夫婦との会話も楽しみにやってくる人が多いのでしょう。
人の心をあたたく、ほっこりさせてくれる陽だまりのようなパン屋さん。

まさしく、“ココロ晴れるパン日和 晴れるベーカリー”

誰でも優しく受け入れてくれる包容力、
もっちもちふわふわでおいしいパン。
ふとした拍子にもう一度行きたくなる、そんなお店でした。

またおじゃましまーす!

 

ココロ晴れるパン日和 『晴れるベーカリー』

hareru_015

〒894-0508
奄美市笠利町用安1222-1
TEL/FAX 0997-63-2383
営業時間 10:00〜17:00
定休日  水曜・第2・4木曜
ブログ  http://ameblo.jp/hareru-bakery/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.
泥ぬ マコ doronu mako
奄美市笠利町で夫、娘、犬とともに暮らす34歳。奄美大島に移住して4年目に突入。お店・企業・場所など気になるところにお邪魔しては、あれこれと聞きだし記事にしています。人の生き方、仕事の仕組み、考え方などなど、自分の知らない世界を知りたいと思っています。 フリーランスでライター・編集・画像作成などを請け負い生活中です。ホームページやブログの記事作成、PR文章、コピーライティング、LP、編集、企画・構成、台割・ラフ、チラシ、広告・名刺、ショップカード、バナー・などなど何でもお仕事募集しています!お気軽にご連絡ください。
PAGE TOP