記事

魅惑の奄美大島オーシャンロード 01

画像奄美探訪ロゴ
裏があるから表がある。裏があるから深みが出る。裏って素敵じゃないですか。
観光ガイドにはない海岸線の魅力
一緒に探ってみましょう
いざ探訪ー

 

モーターパラグライダー体験

写真奄美探訪16突然ですが、奄美大島最北端の用岬上空からこんにちは。僕は今、生まれて初めてのモーターパラグライダー飛行を体験しています。昨年7月22日、世紀の天体ショーを待つ人々が固唾を飲んで見つめた上空が、今この瞬間は僕だけのもの。

※執筆時。2009年7月22日を指します。

太平洋から吹き寄せる東風を全身で受け止めて静止していると、やがて何も考えられなくなる。鼻腔から脳天に潮の香りが突き抜ける。細胞の一つひとつが生き返るような。自分の身体が自分のものでなくなるような。

宙に浮いた僕の足下には、コバルトブルーの海。あんなにも小さなトンパラ岩。はるか喜界島。視覚の端から端まで、丸みを帯びてつながる水平線。




やがて緩やかに反転すると、あやまる岬から用岬周辺の緑が鮮やかに目に飛びこんできます。全ての地形が興味深く愛おしく思える。

続いて、海面近くを高速滑空。極上の爽快感。奄美大島有数と言われる砂浜の美しさも十分に楽しむことができました ―

写真奄美探訪16飛行に関するごく簡単なレクチャーを受けた数分後には、砂浜からテイクオフ。あっという間に上空200mに到達します。ほとんど揺れはなく、飛行体勢は驚くほど安定しています。経験豊かなパイロットとのタンデム飛行は窮屈さもなく、様々なリクエストに応えてくれるのも心強い限り。

団体型から個人型へ、施設型から体験型へと観光客のニーズが移り行く中、奄美大島においても様々なアクティビティが登場して人気を集めています。しかし、このパラグライダーによる空中遊覧こそ、最も新しく刺激的と言って間違いなさそうです。

案内人のフットランチアマミ・榮さん(浦上壮年団)としては、現状九割は観光客(ほとんどが女性!)だが、島人にこそ島の新しい魅力を知って欲しいとのこと。島文化に精通した御仁も、野山を踏破した猛者も、海を知り尽くした磯者も。高をくくらず、まずは体験あれ!まだあなたが知らない奄美が空にはある。

着陸後も興奮がおさまらず、続くカメラマン氏のフライトの間中泳いでいました。海亀も遊ぶどこまでも透明な海中には、まぶしく陽が差し込み、上空で感じた身体と自然との不思議な一体感がずっと続きました。

僕の生まれたこの島は、本当に美しい。この島を守るために僕ができることは何だろう?そう考えずにはいられない素晴らしい体験でした。

写真奄美探訪16

 

屋入峠

写真奄美探訪16そのまま飛んで飛んで ― な訳ありませんが、続いて訪れたのは屋入峠にあるパラグライダーのランチャー台。太平洋と東シナ海の美しい海岸線を一望する、島内有数の絶景スポットです。

実は今夏、龍郷町内の道路では初めてアマミノクロウサギに出会ったのですが、現在の生息域が笠利町に及んでいないのも、この幅1キロ程のくびれ地を見れば納得できます。

赤尾木(ホーゲ)から山道で上る峠は、西に下ればじょうごの谷、尾根沿いを南に進めば戸口に至ります。徒歩の時代は北大島における交通の結節点として、多くの島人が荷を負って峠を行き交ったことでしょう。

今や、屋入峠〜戸口間は誰でも安心して運転できるドライブウェイ。太平洋上に浮かぶ喜界島をながめつの運転は爽快。赤尾木側の舗装が途切れてから、徒歩1分でランチャー台にたどり着きます。

ただし、「じょうご」は、島人の多くが今も畏怖の思いを忘れない伝説の地。くれぐれも道間違いのないように…

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.
マチイロ編集局

マチイロ編集局

ページ:

1

2 3
PAGE TOP